からくり箱 保守記録


パソコンまわりのメモ書き
ほとんど嘘が書いてあります。

7f66ecde

RJ-45 LANコネクタ・ケーブルのアレ


ケーブルキツキツの話したけど、
ゆるゆるはどないやねんって話な

刺しても勝手に抜けたり
使ってる最中にローカルエリア接続が切断されましたとかで
イラララララララ
ムッキー!ってアレやんな

ユルユルのはだいたいオス側原因じゃなくてメス側要因の事が多い
抜き差しが多いコネクタとかはRJ45に限らず緩くなるわな
プロはコネクタ メス側交換しちゃうわな 
私はメス側の内壁をちょいっと弄って調整しちゃう事のが多いけども
ドロップジョー方式で緩いのは金属製なら治せるけど、樹脂製のはヤバイな
無理に太いの突っ込んだら樹脂割れするし

家庭用やったらコネクタにビニールテープでも巻いとけばOKやん
何週巻くかで厚さも自在や
お手軽やし、コスト安 色も色々でマーキング材としても優秀やで
WAN側だけ赤とか、部署によって色分けとかにも便利

そんなんダサいわぁ~嫌やわぁ~って事やったら

電材卸のコネクタ部品番号教えても意味ないやろし
市販品でどーにかしたいって事やんなぁ

縦が緩いのか、横が緩いのかにもよるけども
ケーブルやコネクタ部品はロットとかで全然違うから
このメーカーのコレ!とは言えんわ

そんかわりに代替え案、テケテテン!

その1
爪折れ補助部品
002a
こういう奴やねんけども、LANケーブルの爪が折れた時に後から付ける爪
001a
こんな感じに装着、だいたいどのメーカーの買ってもラッチ部分はカサ高になるので
金属接続部分はカチッと固定されるよ

amazonでも買える


その2
抜け留め補助部品

抜けない様にしたいなら、たぶんこっちのがええわな

003a

こういう奴で、結構きつめになる、ノートPCやと入らない事もよくある

 市販品としてはこの辺かな



抜けるちゅ~のは基本、横はガバガバってのはないはず
LANの穴に電話用の小さいRJ-11コネクタだってキッチリ、カチッとロックされるからな
基本 縦やろなぁ

昔のケーブルのほうがちょっと太いっす
最近のケーブルはスリムなん多いです、PCがスリム化して入らへんってクレーム多かったのかもなぁ

んな感じでどないやろ

ぶっちゃけ、ビニールテープとかセロテープで調整とかでええと思うよ
0015
機械修理にビニテ万歳!

車からサーバまで、工具箱には7色ビニテ!
ミリ調整から、絶縁、防水、配線の色分け、補強、耐熱、耐寒なんでもござれ

ビニテ万歳!

ジーク・ビニテ!




文章だけで、オスメスどっちの部品が歪んでるとか、何ミリずらしたいとかわからんから
望んでた答えとちゃうかもしれんけどもな

つか、知らん人によ~わからん質問されても困るわ

タイトルに
パソコンまわりのメモ書き 
ほとんど嘘が書いてあります。

って書いてあるやん

インターネットとか信じたらあかんわ
水素水みたいなもん、山ほど買うはめになりまっせ!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

444
まぁ、わかってる人にとっては当ったり前の話なんだけども
パソコン買った!!モニター買った!!
さぁ動画見るぞ~~~~
あれ?音が出ない!!
おぅ、なんじゃわれぇ~~不良品じゃー! 
クレーム!!
みたいな愉快な話がこの世の中では多々あるそうな
おぅ、じーざす、世も末だぜっ

今回はなにがわからんのかもわからん人向け
何がわからんのかだいたいわかったら、後は店員さんに相談だ!
厳密に言えば~とかの、細かい突っ込みはナシの方向でヨロシコ

マザーボードにビープ音用の簡易モノラルスピーカーが仕込んであるメーカーさんも多いが
あくまでビープ音用なので箱の中からくもった音が聞こえるだけなのよね
ビープ音ってのは、まぁ、緊急アラームみたいな
キーボードになんかモノのっけてるとプププププ!とかなるアレな!
なんかやばい事になってまっせ!ってお知らせ用のミニスピーカーがだいたい付いてる

パソコンから音を出す

ヘッドフォンを刺す!

一番お手軽、PCのヘッドフォン端子にヘッドフォンを刺しましょう
音が聞こえます
音量はタスクバーのサウンドアイコンから調節してね

スピーカーを付ける

ここでちょっと音響の基礎知識が必要
厳密に言えばスピーカーをつないでもダメで
音声信号を増幅するアンプにつないでアンプにスピーカーをつなぎます

とは言えですよ、だいたい売ってるのはアンプ内蔵スピーカーなので
見た目はスピーカーだけに見えたりします


スピーカーを付ける(ライン出力端子に刺す)

これが昔からある奴、緑のミニジャックのメス穴に刺す
赤がマイク入力、緑が音声出力ですな

 455
緑が音が出る ライン出力
青が音声をPCに入力する ライン入力
赤がマイクを刺す マイク入力 

殆どのパソコンについてる、青のライン入力はない奴もあるけど
緑の穴だけは絶対にある
赤と青は上級者向けだ、こんな説明が必要な人間には100年早い、忘れろ

緑から音が出る、これだけ覚える
可能なら
パソコンでお話したいときはマイクは赤に刺す
も覚えておこう

446

こんな感じだ

アンプの電源用に別途コンセント接続が必要になります
ライン出力だけど、電力をUSBから貰うタイプもあります
USB、ラインどっちでもOKのタイプもあります 

サウンドチップはマザーボードの物を使いますので
ドライバの追加インストールなどのソフトウェア的な手間はかかりません
ただし、マザーボード付属のサウンドチップはあまり高音質ではない事が多いので
音質はそこまで期待できません
だいたいリアルテックチップなんだよなぁ 

こだわらなければ1000円くらいからあるぞ


パソコンを買ったお店に大体売ってるから、ちょっと高くても
店員さんに相談するのがいいんじゃないかな
だいたいみんな家電量販店で買ってるやん?
たぶん売ってるよ

スピーカーを付ける(USB接続)

USB端子につなげるアンプ内蔵スピーカーです
USBから電源供給されるので電源コードが必要ありません

USB接続なのでドライバのインストールが必要ですが
ほとんどOSが勝手に認識して勝手にインストールしてくれます
デフォルトの音声出力がマザーボードの音声出力になってますので
再生デバイスの選択でUBS接続のオーディオに切り替える必要があります
565
設定でパソコンにどのデバイスで音を出すか指示してやらんと
そこからは音がでないからな~
USB接続が切れたりドライバの更新とかOSのアップデートで設定が元に戻ってしまう事があるから
やり方は忘れないように
必要なら取説にのってる、取説読もうな

またUSBデバイスはノイズが乗りやすいので、時々プチッとかいいます

これもお値段ピンキリです


 サウンドカードを追加する

良い音出したい人は、専用のサウンドカードを増設します
高画質でゲームしたい人がグラフィックカードを追加するのですが
あれの音声バージョンだと思ってください

サウンドカードからデジタル端子で高級オーディオに接続
シアターセットとか、高級オーディオとか
まぁ、そんな事する人はわかってる人なので割愛します


USBタイプのサウンドカードもあるよ
小型の物はヘッドセット 音声チャットやビデオチャット、電子会議なんかで使うのに便利です
ヘッドセットそのものが直接USB接続できるタイプのが便利かもしれないけどね
 



モニターから音を出す
555
こういう奴ね、昔はよくあった
最近のディスプレイはスピーカーがついてないモノの方が多いね

個人向けPCはディスプレイにスピーカーが内臓されている物があります
テレビもみれちゃう!とかいうパソコンはだいたい内臓スピーカー付いてる 
 
アナログ的にPCの音声出力端子からモニターの音声入力端子に刺すタイプが多いけど

DP(ディスプレイポート)接続やHDMI接続のモニターであれば
映像用ケーブルで音声もモニターに送れます
配線がスッキリしますし、モニター内臓スピーカーですと
机の上がスッキリします
プレステとかにもついてるやん?ゲームする子はわかるよね 

その他、モニターに取り付けるタイプのスピーカーもあるので
一旦HDMIやDPでモニターに音声を送ってモニターから
モニター用スピーカーに接続するなどのタイプもあります
机のスペースを取らないのでモニター用取り付けスピーカーなかなか良いですよ
 DELL
こういうのとかね、モニターのメーカーオプション品に大体あるので
純正オプションだと配線や固定がいい感じになってます
なんでも純正品は座りが良いし、純正品ならメーカーサポートに電話すれば
色々教えて貰える

一般品だと、サウンドバーとかの名称でモニターのスタンド部に置くタイプとか
邪魔にならないし便利です
424
こういう感じのスピーカーならモニターのスタンド部分や
モニターの上に置けるので邪魔にならないし、モニター見ながら正面から音が聞こえるので
聞こえ方がしっくりきます



まぁ、とりあえず音がでればいいなら
この辺の説明でなんとなくのイメージは出来るんじゃないかな?
後はショップでお兄さんに相談だ!

ピンジャック接続やワイヤレス接続(ブルートゥスとか)だと
スマホやノパソ、モバイル系の音声出力にも使えたりするよ
スマホにいれた音楽を家では大きなスピーカーで良い音で聞きたい!
とかにも有用だ!

なんか嫌らしくamazonの適当な商品を乗せておいたが
大きさとか、机のサイズとかあるし、肝心な音質な!
いい音の好みって人それぞれ違うから、大きいパソコンショップだと
視聴できる所もあるので、実際自分の耳で聞いてみるといいじょ

とりあえずパソコンとモニターを買ってきただけでは
音はヘッドフォンじゃないと聞こえないって事を覚えておいてくれ!

後、買ったら取説読もうな!!
これ絶対だかんな!

刺しただけじゃ~音でないのもあるからな! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

KVMの話ね
サーバルームで複数台管理とか
PC3台以上になるとモニター置く場所がなくなるので個人でも欲しがる人がたまにいます

まずここでのKVMというのは
Kernel-based Virtual Machine(仮想OSのなんやかんや)の事ではなく
Keyboard, Video, Mouse switch キーボード、マウス、映像切り替え
SW-KVM2DU
要するに2台のPCのキーボードとマウスとビデオ(映像)を切り替えるスイッチの方の話

こういう奴ね

割と昔からあるのだけども、一般の方はあまり使わないかもしれない

なんだかんだ環境が変わると動作に問題を起こすのでそのメモ書き

急に1台KVM経由だと認識しなくなったー!とかなります
マウス、キーボード、モニターをPCに直接接続すると問題はない
と、なるとKVM側の問題になるのですが、見た目はただの変換ユニットで
特にスイッチとかもなかったりしてお手上げになりがちです

また、BIOS上では認識するのに、OS起動後は認識しないとかも良くある事例です
逆にOS上では認識するのにBIOSでは認識しなかったりね

認識しないのなら接触不良とか物理故障と判断されがちですが
比較的相性問題が起こりやすいので、場合によっては解決するかもしれません

一番よくあるのがマウスを無線マウスにしたら認識しないとかが多いね

マウスエミュレーション機能をOFFにしてみましょう

切り替え機といっても完全物理スイッチではありません
そういう機種もありますが、現行品はほとんどエミュレート型です
そうでないとスイッチでOFFになっている方のPCは起動時に
マウスもキーボードもモニターも刺さってない事になるので
起動時にキーボードエラーが出てしまいます

それを防ぐためにKVMスイッチは切り替えでOFF状態の端末にも
ダミーの端末情報を流しています
コレのおかげでスイッチを切り替えた時にスムーズにマウスの切り替えが出来るのですが
ダミー信号はいわゆる普通のマウスのふりをしてますので
無線マウス、多機能マウスなどはダミー信号で代替えできないので認識しません

そういう時は切り替え後少しマウスが使えるまで時差が生まれますが
マウスエミュレーション機能をOFFにしてください

OFFにする方法はメーカーによって様々なのでマニュアルを良くお読みください
例)エレコムだとScrollLockキーを2連打の後 Mキー1回→エンターキーとか

この辺のコマンドを忘れちゃうと後で困るので忘れないようにね
エミュレート切れって言ってもやり方わがんね!とか言う人多い 


後はそうだなぁ
AC電源不要タイプの切替機とかね
USB接続でマウス、キーボードを切替機に刺すんだけども
マウス、キーボードだって消費電力は少ないとはいえ電気は必要なんですよ
切替機がPCから貰ってくるタイプだと
上手く認識できなかったりすることが多いです
KVMスイッチは単独でAC電源が付いている物をお勧めします


他には、
ケーブル距離、長すぎとか 
どうしても切り替えの環境だと結果としてUSBケーブルが長い取り回しになる事が多いです
USBケーブルもあんまり長すぎると信号が正しく伝達できません
そういう人はLAN経由でソフトウェア的にやってほしいのですが、物理切り替えに拘りたいなら
間にHUBをかますとUSBケーブルの延長には効果的です
HUBもHUB単体でAC電源がついてる物を使ってくださいね

長距離の場合は専用品があります(LANや光ファイバーで引っ張ったりする奴とか)
デジタルサイネージ関連のメーカーなんかに相談してみるといいかもね

BIOSの設定
キーボードやマウスの設定でレガシーモードとかあればレガシーでないと認識しない事があります
USB Controller設定で速度が選択できるタイプはFullSpeed12Mbpsまで落としてみる
または上げてみるとか 
USBと一口にいっても規格は複雑多岐に分かれてるので設定合わせないとダメな場合があります

USBポートを変えてみる
PCの前面、背面とかにいくつかUSBポートがありますが、全部が同じ回路ではなかったりします
1部だけUSB3.0で他は2.0とか 同じ2.0でも別系統の回路だったりする事があるので
とりあえず、使えたらラッキー、全部のUSBポートに刺して試してみましょう

HUBをかませる
延長の時も言いましたが、ノイズが乗ったり安いチップを使ってて信号波形がきっちゃない機器をお使いの方は、間にHUB(電源付きね)をかますと波形を再生成してくれるので動作したりします
これはUSBの相性問題、USB変換などの相性問題など様々な問題の対処に有効な時があります
安チップ、波形きちゃない、距離が延びると読み取れない、昔は良くありました

定番のBIOSアップデート or ドライバアップデート
使用マウスやKVMでドライバ指定があれば専用のをインストール
あとマザーボードのBIOSアップデートで改善ってのもあったんだけどもね・・・・
BIOSアップデートしたら使えなくなったってのも経験あるのでどうだろうね
最初から使えないならチャレンジ1年生!おとなチャレンジもアリかもね

できるだけプレーンなキーボード、マウス使う
多機能対応とか歌っててもダメな事あるし、できるだけシンプルでプレーンなキーボードマウスで
なんだかんだPS/2最高!アナログ万歳!
USBよりはトラブル少ないよね

業務用PCは使えない事が多い
サーバ機、ワークステーションなどの業務系PC、または業務系PCのメーカー品は使えない事が多いです
良くあるのはDELLとHP、IBMなど

メーカーさんもDELL、HPのサーバ機は使えねぇ、どうしようもないべって言ってる
業務用の専用品があるので、そちらを使ってください 
http://www.ratocsystems.com/services/faq/220420/index.html?anchor=220420-3-7

パソコン自動切替器 PS/2接続 
REX-220/REX-420(FAQ)2010-01-22版

★以下引用
****************************************
日本ヒューレットパッカード社ProLiantや、デルPowerEdgeなどのサーバパソコンにおいて、パソコン切替後マウスが使用できなくなる、あるいはパソコンの切替ができなくなる場合があることを、確認しています。

現時点では、この現象の回避策はありません。サーバパソコンを接続する場合は、サーバパソコン対応のラックマウント型切替器 REX-820R(PC8台用)/REX-1620R(PC16台用)をご検討ください。
****************************************

まぁ、ワークステーションとかもCADとかアニメーション作成に使ったりする機械だからね
クリック1つに魂こもってる、制御系の信号コントロールがシビアなのよ
ゲーミングPCとかでもそんなんあるよ
ネトゲは遊びではない!!キリリッ

ノートPCでは使えない事が多い
ノートPCはデスクトップ機にくらべてメーカー独自制御色が強いので
上手く動作しない事が多いです
バイオとか、バイオとか、バイオとか、バイオとか、バイオとかな!

画像の切り替えに関して
リフレッシュレートの問題や映像出力規格の問題、グラフィックボードの仕様
デュアルディスプレイの場合など
想定の組み合わせが多岐にわたるので、仕様をよくよく確認してください
規格があってれば使える事が多いですが切り替え時に画面にノイズが出たり
フリーズしたり、反応が遅かったりすることがあります

音声の切り替えについて
こちらもアナログ分岐であれば相性問題は少ないのですが
殆どの製品で、音が悪くなります
安いモノは特にひどい音になります
信号がどんだけ潰れてるか、切替機の品質の良い目安になります


結論としては、CPU切替機は相性問題がある
使えても切り替え時にもっさり感があったり、ちょくちょく切り替わらない事があったり

使用は自己責任です。
メーカーの仕様書やユーザーレビューをよく読む事
使えなくても泣かない
ご相談はPCメーカーではなくKVMメーカーにご相談下さい 

買うならAC電源が必要なタイプを買う事をお勧めする
サーバ系の人はベンダーが動作確認してる物を買う
安く浮かそうとか考えて市販品買うと泣きを見ます

その辺、理解の上で割と相性問題が少なく、発生しても設定とか対策でなんとかなる事が多い切替機メーカーとしてラトックシステム(株)の切替機を推してみる
ラトックシステム パソコン自動切替機

どれでもいいって訳じゃなくて使用環境に合わせて細かな製品ラインナップがあるので
自分の環境にマッチするタイプを選べば使えない事態になる可能性は低くなる
ちなみにサーバやワークステーションなどの業務機には業務機用の切替機をチョイスする事 


後は~ATENなんかもお勧めかなぁ
ダメだった記憶はないなぁ
こちらも使用環境で細かく製品が別れてるので要確認
一般のオフィスなんかで良く見かけるのはATENだよねぇ
ATEN 切替機
http://www.aten.com/jp/ja/products/kvm/




まぁ~そうそう相性問題なんか起きないし
起きちゃっても諦めのつくお値段でお試しだとこの辺が安くていいんじゃねーかーかなぁ
使えるか知らんけども、レビューは豊富である
安いだけあって色々あるみたいだけども、問題なく使えればかなりリーズナブルっすな

 
AC電源のないタイプは私はお勧めしないけどね

ポイントは距離、電力、波形くずれ、BIOSのUSB制御、ドライバ、規格合わせ、KVMの設定
この辺です
認識状態や問題をランプでお知らせするタイプもあるのでマニュアルよく読みましょう

壊れてるとか不良品とか言う前にこの辺チェックしてみませう
接触不良かどうかは配線組み換えで切り分けできるでしょ?
これ持ってるならPC2台手元にあるはずやねんから

まぁ~正直LAN経由でソフトウェア的に遠隔リモートのがええよ
VNCとかでええやん





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

computer_desktop_broken
今回はTIPS的な物でもなく、オチもなく、ただグダグダとしたアレ

パソコンは使ってるといつかはだいたい壊れます
ハードディスクに不良ブロックが出来たり、メモリにエラーが出たり
グラフィックカードのチップ故障だったり

当然、故障時はメーカーに修理なりを依頼するのですが、昨今パソコン利用者のPC故障診断スキルが著しく下がっています
というより、昔はある程度好きな人しかパソコンを使わなかったり
不具合の多い、WIN98、Me時代を経験した人は自然とトラブルシューティングのノウハウを覚えざるを得ない時代だったのですが、WINXPあたりからPCは割と安定した可動をするようになりました

おかげで、いざパソコンが壊れた時に
なにが壊れたのか、ソフトウェア障害なのかハードウェア障害なのか
問題の部品はなんなのか、さっぱり訳わからない人が増えました

メーカー側も診断用のプログラムの提供や、マニュアル類を提示してますが
そういう物は分かってない人ほど見ない物です

多くの企業ではPC管理部門、IT系部門をコスト削減で閉鎖し
いざ、サーバが落ちたり、PCが起動しなくなったら大騒ぎってな話も最近良く聞きます
クラウドにぶん投げ案件もずいぶん増えてきましたけども

PC屋さんのコスト的な意味では、昔は50%くらいのユーザーが故障時に問題の切り分け作業を行い
故障部位を概ね特定し、故障部品を郵送するだけで問題解決していたのが
昨今、満足にPC故障の切り分けが出来るユーザーが減り、かなり大多数が
なんだかよくわからないが動かない、いいから動くようにしろとしか言ってこない状況です

これは故障時の修理に必要なコストが
簡単な電話のやり取り+パーツ送付で済んでいた修理が減り
訪問したり、PCを引き取って修理して返すという時間と費用のかかる修理の割合が増えているという事で
結果としてその費用は製品価格に乗っかり、購入者全体で支払う必要があります

最近では、若い方もスマホ全盛で、一般的なパソコンの知識が乏しい方が多く
PCの内部構成や仕組みをなんとなくでも理解してるのはPCゲーマーくらいになってしまった感があります
採用時にキーボードの入力テストで、適当な文章を入力させたりするのですがタイピングが満足に出来ない方も良く見かけます

話は戻って、PC故障時の保守コストがどんどん上がっている話
なにかエラーが出たら、ギャーギャー騒ぐ以外になにも出来ない人が増えました
赤ん坊と同じです、大声で泣くしか出来ない、ゲップなのか眠いのか、お腹が空いたのか
とにかくギャーギャー泣くのです
赤ん坊であれば親がなにを泣いているのか、おぉヨシヨシ、オムツか?腹減ったか?
などと問題解決のソリューションを展開するのですが
いい歳こいた大人がPCがエラーが出たからギャーギャー言った所で、パパやママは出てこないし
それをPC販売店やメーカーに求めるのは、結構高額な保守費用が必要です


パソコンの保守に必要な業界全体の費用はどんどん高騰してますが、PC価格自体は下落しています
一時期の家庭用テレビに近い状態になりつつあります
安価な大陸系メーカーや、グローバルなPCメーカーが安値合戦を繰り広げたおかげで
パソコンは殆ど儲からない商売になりました
今や、2,3万も出せばそこそこのパソコンが買えます、スマホより安いかもしれません

一昔、PCデポが老人相手にPCサポートを15万くらいの費用で販売していると話題になりましたが
実際、なにもわからない老人のパソコン相談、問題解決、なにかあれば訪問と考えると
決して高いとは言えないのかもしれません

様々なPCの問題解決が出来る人材を、訪問対応させて、現地で対処作業をさせる
都心部ならともかく地方都市では訪問するまでにも時間がかかるでしょう
少なく見積もっても5万円は請求すべき案件です

でも、そんな金を出す人は少なく
パソコン調子悪い
金は出さない、お前の所で買ったからなんとかしろ
恐喝、恫喝に近い話です

本当に物理的な故障であればまだしも、ソフトウェア的な問題はマイクロソフトやソフトウェアメーカーが負うべき責任なのにPC販売店を恫喝しても、スジ違いです

それに現代ではパソコンは通信設備とセットで使われます
ネットに接続しないパソコンは殆どありません

いざ、問題が起きた時、通信の問題か、ハードの問題か、ソフトウェアの問題か
自己判断できて適切な対応が出来る人はめっきり減りました
ハードディスクが故障してNTTに怒鳴り込みに行ったり
インターネット接続が切れてパソコンショップに怒鳴り込む方も多いのではないでしょうか

別に馬鹿にしているわけではありません
いざ不具合が起きた時、どこが悪いのか特定するのはなかなか難しいのです

保守にかかる費用はいくらユーザーが出し渋っても、どこかで帳尻合わせが必要です
クレーマーの相手をしている社員にも費用が発生しているのです
今まではそれを労働基準法違反、奴隷労働などで支払ってましたが、そろそろ限界も近い気がします

製品には金を出すが、保守、メンテナンス、サポート、技術的アドバイス
形のないモノには金を出したがらない日本の風土病の影響も大きいのかもしれません

最終的には、自分で勉強するか、高額の保守費用を払うか、買い換えるか、もうPC諦めるかになりますが
パソコン諦めちゃった人も結構多い気がします

なんか調子悪くなって、その内買い換えようと思ってたけど、スマホあれば十分だし
今に至る!みたいな

(PC故障でネトゲを去って行ったゲーム仲間にそういう人結構いるっす、だいたいスマホゲーにハマってます)

スマホでなんでもできる時代になるか
ほとんど壊れないパソコンが生まれるか
すべてがクラウド化されるとか

今回は別にオチは無いんですけども
製品の低価格化、宙に浮く保守費用、キレるユーザー、撤退するメーカー
ソフトウェア、プログラミングに詳しい人は随分増えましたが
PCその物に詳しい人は随分減ったなぁと言う所でしょうか

ラクラクフォンみたいな、素人向けPCとか、そろそろあってもいいんじゃないだろうか
電源ボタンが10センチくらいある奴とかさっ
Windows beginners edition とか

IT化とか言ってますけど、それを支える構造が崩壊しちゃってる感ある!

あるある~

今時、紙と鉛筆と暗記だけの日本の学校教育とかありえなくな~い

マジ、それ、わかる~

と、マクドナルドで語られる女子トークみたいな形で締めさせて頂きます。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

LANケーブルとLANケーブルを刺す穴
正確にはRJ-45規格のコネクタな訳なんだけども、昨今端末の小型化によって扱いに困る事が多々見受けられ、それに伴うトラブルも出てきた

RJ規格は電話線なんかが一般的で
220px-Rjxx
 左から順に
RJ-45プラグ
RJ-11 6ピンプラグ
RJ-11 4ピンプラグ(6ピンと同型)
RJ-9 受話器の4ピンプラグ
RJ-11 6ピンジャック

みんな凸型の奴やね(ウィキペディア情報)
ぽこっと飛び出てる所がラッチになっててカチッと極を固定する仕組みで大昔からある規格な訳ですわ

電話やインターネットするのに必要なので、今時カタギの衆でもお馴染みと思う
RJ規格は基本的に番数が変わっても高さはみんなほぼ同じなのよ
極数が多いほど横幅が長くなっていく仕組み
なので、大は小を兼ねる、電話線はLANの穴にカチッと綺麗に刺さる

この高さが昨今問題で、モバイル端末やノートPCどんどん薄型化してるやろ
RJ-45のメス口を付けるとどうしても一定の厚みが必要になるのよ
02
こういうパーツが必要になるやん、PCの背面にだいたいついてる
03
んで、細かい説明は省くけども、この穴の部品がどんだけスリムサイズにしても大体高さ15mmは必要で
当然、基板に接続する端子部分の高さもいるしケースで覆う必要もあるから
なんだかんだ20mmくらいの高さが必要になる訳ですわ

apple7_240x

今時のマックブックとか13.1mm 900gですよ、薄いですよ、奥さん!
サ〇ミオリジ・・・・
2994463_tinhte_the_new_MacBook_Retina_12_2015_3-654x436
ごちゃごちゃ外部接続端子なぞつけない!
USB-タイプCコネクタ一択!、どうしても有線LANしたい奴は
USB-RJ45の変換ケーブル買ってくださいという潔さ
純正品だと1万前後するぼったくり感
さすがアップル、そこに痺れる憧れる!

とはいえまぁ、日本のオフィスはまだWINXP時代から進化してないので
結局は有線LANが必要なんですわ
どーせ、ファイルサーバにエクセルとワードしこたま貯めてるだけでしょ WIN98で十分じゃオマイラ

変換ケーブルやドッキングステーションはめんどくさい
うっかり忘れたら怖い、小物は結構なくすのよね~って事で有線LANのニーズが高い
8494538a-4823-46ae-a590-95accf1ac491

薄さと有線LANをなんとか両立させる方法としてドロップジョー方式ってのがあるのね
jd_5985Eneru-1
コミック的なアゴがくーんってなるので
どろっぷ、じょー

燃え尽きちゃうジョーは困るけども・・・・ギャ〇クシーは機内持ち込み禁(略

DSC09611_thumb

Lenovo-S210T-ports
普段はスリムサイズで、LANケーブルを差し込む時だけ
LANコネクタのラッチ側が下にスライドしてなんとか必要サイズを確保しますよって仕組み

これはこれで問題があって、当然下にスライドするので下にその分の空間確保が必要
RJ規格は、ラッチ部分がバネ状になってて上下に広がろうとする力で固定してる仕組みなのね
ほら、よくLANケーブルの爪が折れてガバガバになるとかあるやん

RJ-45の規格サイズってのがあるんだけども、この爪部分
ラッチ部分の高さの規格がないのよ、なので世の中に出回ってるLANケーブルの爪の部分は
もぅサイズめっちゃくちゃ
ちゅ~てもミリ単位の差なんだけどもね
本来は穴に押し込んだ時凸型のモコってなってるトコの高さを超えちゃダメなんだけども、LANケーブルの爪が折れやすい問題でラッチ部分が丈夫に分厚くなってたりする訳ですよ

LANケーブルをいっぱいいじってる人は体感してると思うけど
いろんなデバイスのLANの穴にケーブルを刺す時
あれ?ゆるゆるやん?
あれ?これ固いなぁ~刺しにくいなぁ
刺したはいいけど抜けない
とかあるやん
思いのほかこのRJのコネクタって市場流通してる製品のサイズがテキトーなんっすわ
ケーブル側がテキトーだったり、穴の方がテキトーだったり

でもノートPCに無理やりLANコネクタを付けたいメーカーはRJ-45規格のギリギリミニマムサイズで作りたい訳ですわ、うちのノートPC薄いでっせ~って商売したいから
そこのラッチの分厚い爪の折れにくいLANケーブルとか刺すと
刺さらないならまだいいけど、強引に刺すとドロップジョー方式のコネクタだと
顎が外れる、顎が割れるって事になるんですわ

所詮樹脂やからな、金属部品より強度がない
あと樹脂はモノにもよるけど、熱膨張もするからさっ



la-y5ts_05
la-y5ts_06
ケーブルの抜き方にコツがいりますよとか解説してるメーカーもあったりするけども
コツをつかんでない人が強引に刺したり抜いたりすると
まぁ、壊れるんですな

Q,ノートPCにLANケーブルが刺さりません
A,刺さらない訳ないでしょ、それほんとにLANの穴?

みたいなちょっと質問者がバカにされてるようなFAQとか見ると
いやいや〇〇のメーカーの〇〇はケーブルと穴の相性悪いと普通に刺さらないよ
質問者がバカな訳じゃないってば、あれなぁ~と思いつつ
別に回答もせずにニヤニヤするだけなんだけども

まぁ、結局何が言いたいかというと別になんもないんやけども
LANのケーブルと穴のサイズは世の中結構テキトーだという事
RJ規格は仕組み上ラッチがバネになってて固定するので、完全にぴったりサイズだと抜けなくなる

良い接続は、すっと刺さってカチッと小気味よい音がする
キツキツだとこのカチッ音がほとんどしない
ガバガバでも音がしない

一般的にオフィス用LANケーブルは折れにくいタイプ、ラッチが分厚いタイプが多いので
薄型、小型デバイスに差し込む時は注意

じゃぁ、どんなLANケーブルがいいのよって言うと
スリムタイプとかフラットタイプで折れにくい!抜けにくい!とか余計な機能を歌ってない奴
いやいやいや、スリムやフラットってコネクタじゃなくて紐の部分、ケーブル部分の事でしょ!
って、そやねんけども
スリムとか歌ってるケーブルってラッチやコネクタのサイズが微妙に薄いの多いのよね
(個人の感想です、新宿のビックパソコンのケーブル売り場眺めてたらそう思った)

一見して油断したら爪折れちゃいそうなLANケーブルが正しいLANケーブルなんですわ

まぁ、なんじゃ
ケーブル緩いなぁ~とか、刺しにくいな~とか思ったら
LANケーブル違うのにしろ!
プロは微妙なサイズ差のある同規格RJ-45ケーブル4種類くらい用意してるもんです!

緩すぎても接触悪くてLANのチップが壊れたりすっぞ
ちょっと揺れたらネット接続切れたりしてな~すげーイライラするべ

きつ過ぎたらLANの穴の部品が壊れたり、歪んだりすっぞ

んで、今時のメーカー修理はマザーボード全とっかえだから、びっくりするくらいの修理費用とられるぞ

まぁ、質問者が間違ってる訳でもなくLANケーブルが刺さりませんって
お悩みコーナーに投書してるのに

オマエそれ、LANじゃねーよータブン
そんな訳ねーよーバカジャネーノー

的な回答してる人一杯いたので、なんかカワイソウになったので放流

意地悪な回答するいじめっ子に関わりたくないので
お悩みコーナーには回答するの嫌やけどな~

ただしドロップジョー方式は、顎を下げて刺すのにコツがいる
指で開いてから刺すとか
侵入角を斜めに刺すとか
その辺はメーカーの取説読めなぁ~

LANケーブルが刺さらない!
LANケーブルが固い、抜けない!
LANケーブルが緩い、ゆるゆる、ガバガバ!
とかで検索した時にこういう話題も一つくらい
グーグルでヒットしてもええんちゃうかのぅ


続き
RJ-45 LANコネクタ・ケーブルのアレ その2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ