からくり箱 保守記録


パソコンまわりのメモ書き
ほとんど嘘が書いてあります。

は前にしたけども
似たような状況になってるのが、Thunderbolt
Intelとappleの共同開発企画なので、基本的にはapple製品でしか使われないのですが
伝送速度が高いので大量のデータ転送が必要な場合はWindows機でも使われたりします

Thunderboltは現状
  • Thunderbolt1
  • Thunderbolt2
  • Thunderbolt3
の3種類になったんだけどもThunderbolt1、Thunderbolt2とThunderbolt3はだいぶ違うのよね
_SL1000_
まずThunderbolt1to2はコネクタの物理形状としては
Mini DisplayPortなのね、Mini DisplayPortの拡張規格としてのThunderbolt
ケーブルは雷マークのThunderbolt用ケーブルを使わないとデバイスとして認識はされないけども
物理的にはMini DisplayPortと同じ穴なので普通に刺さります
_SL1000_
Thunderbolt3からコネクタの形状が変更になってUSB TYPE-C上で稼働する様になっています
仕様や伝送速度に関してはググればいくらでも出てくるので割愛するけども


ウィキペディア Thunderbolt

大事なのは

Thunderbolt1.2はコネクタ形状がMini DisplayPort
Thunderbolt3はコネクタ形状がUSB TYPE-Cって事ね
3838101_620x310

んで、ぞれぞれ専用のThunderbolt用のケーブルが必要って事
刺さるから使える訳ではありません
もちろん差し込む機器もThunderbolt対応してないとアカンで!!

もっかい言うで、大事な事なので2回(略)

Thunderbolt1.2ケーブルはMini DisplayPort用のケーブルでは使えない(刺さるけど)
Thunderbolt1.2用のケーブルが必要です 雷マークがついてるケーブルね!




Thunderbolt 3ケーブルは、Thunderbolt 3とUSB 3.1 (USB-C) デバイスの両方に対応
USB 3.1 (USB-C) ケーブルはThunderbolt 3デバイスで使えない
Thunderbolt用ケーブルにはかならず雷マークがあるので間違えないように





まず自分が接続しようとする機器の規格が
Thunderbolt対応なのか?(それただのMini DisplayPortじゃーん 使えねーよ!って話多い)
Thunderbolt対応として、それThunderbolt1なの、2なの、3なの?

接続する二つの端末の仕様とそれにあったケーブルなのかをよく確認してください
Aメーカーの端末とBメーカーの端末を接続できないとして
Aに問い合わせてもBに問い合わせても、接続相手とケーブルが何かわからなければ
知るかボケって話になります
appleなら機器を全部appleにすればだいたい大丈夫ですが
機器やケーブル全部別メーカーで、規格の理解ぐちゃぐちゃでケーブルも間違ってて
一人キレてるタイプの人はThunderboltには手を出さない方が良いです


Thunderbolt1.2とThunderbolt3の互換について

次に問題になるのが、Thunderbolt1.2の機器とThunderbolt3の機器の接続です

コネクタ形状がそもそも違うので、物理的につながりません
じゃぁ、変換コネクタをかませばいい!ってなるんですが・・・・
商品としてあるにはあります、売ってます



技術的、使用的にはThunderbolt 3技術は、Thunderbolt 1および2との下位互換性する事になっています
ただし、充電機能や双方向通信機能などThunderbolt 1および2の機器とThunderbolt 3の機器の変換接続は原則正常動作しないものと考える方が安全です

apple製品同士であれば、動作確認済みなのでapple純正ケーブルであれば変換可能です
ただし、apple機器以外の接続は高確率で相性問題が発生します
繋がったらラッキーくらいで、一部機能が使えない、伝送速度が著しく低下不安定化します

Thunderbolt 1と2は正常に通信可能ですが
Thunderbolt 1および2とThunderbolt3は原則apple製品同士以外は使えない事があるという認識が必要です

技術的にとか仕様的にとかではなく、プロの仕事としての道具として使えないモノです
誰が悪いとかではないのです、Intelとappleが共同開発でThunderbolt 3を従来のコネクタと規格から
USBタイプC上で稼働する規格に変更したので、お前らいつまでもThunderbolt 2使ってんじゃねぇよ
薄型ノートPC用にタイプCで全部処理するようにしたかったんだと思います
さっさと全部Thunderbolt3機器に買い替えろって話ですわ

映像表示、ディスプレイ表示などではうまく変換できる事もありますが
NASや外部ストレージメーカーは基本的にThunderbolt 1および2とThunderbolt3の変換接続は積極的に保証していない事が多いです
または専用の変換コンバーターの使用
apple純正の変換ケーブルの推奨など様々な条件があったりします
購入前にThunderbolt3側機器メーカーにThunderbolt1.2との変換接続に関してお問い合わせ下さい

※参照 
SEAGATE
Thunderbolt 3に関するよくあるご質問

Thunderbolt 3ストレージ・デバイスには、ThunderboltとThunderbolt 2コンピュータとの下位互換性はありますか?

Thunderbolt 3技術は、Thunderbolt 1および2との下位互換性を備えていますが、Thunderbolt 3は旧世代とはインターフェイスが異なるため、別途アダプタが必要です。
例えば充電など、Thunderbolt 3デバイス特有の機能の中には、アダプタ使用時に機能しないものもあります。
もうひとつ重要な点として、すべてのアダプタが双方向性であるわけではありません。
すなわち、Thunderbolt 3デバイスにアダプタを接続してもThunderbolt 2またはThunderbolt 1コンピュータでは機能しないことも、またその逆もあります。

Thunderboltストレージ・デバイスの中には、複数のインターフェイスがあるものもあります(Thunderbolt 3とUSB 3.1など)。
そのため、Thunderbolt 3に対応していないシステムでも使用できる場合があります。

Thunderbolt 3の性能をフルにご活用いただくには、可能な限り毎回Thunderbolt 3を使って接続することを強く推奨します。

注:すべてのアダプタがThunderbolt 3デバイスで完全に機能するという保証はありません。


すべてのThunderbolt 3 (USB-C) ケーブルは同様に製造されていますか?
いいえ、Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルには、パッシブとアクティブの2種類があります。
パッシブ・ケーブルの方が低価格で、長さが0.5m以下の場合は40Gb/秒、長さが0.5mを超える場合は20Gb/秒の転送速度に対応します。
アクティブ・ケーブルは、最長2mで、40Gb/秒のデータ転送速度に対応できます。

※参照
QNAP
TVS-1282T3

https://www.qnap.com/ja-jp/product/tvs-1282t3

注記: Thunderboltケーブルは別売です。
Thunderbolt 3 (USB-C) - Thunderbolt 2コンバーターは、特定のWindows PCモデルと互換性がない場合があります。


最初にIEEE1394aとIEEE1394bとi.LINKの話に似てると言いましたが
まぁ、都会のプロならこの辺知りませんとかいう人はいないと思いますが
いわゆる地方で結婚式のビデオ撮って編集したりしてる個人事業主みたいな人とか
古いThunderbolt 1および2の機器を沢山持ってて、新しく購入した機器がThunderbolt3で古い資産を有効利用したい人なんかが繋がらなくて困ったりするだろうなぁと


PC接続であればThunderbolt3用の拡張ボードが必要です
メーカー標準でThunderbolt3があるのは、今の所appleぐらいじゃないかなぁ
Thunderboltって書いてあるのはほとんどThunderbolt2ポートです

まだまだ出してるメーカーも少ないですね



基本的に、Intelとappleの共同開発企画です、他のメーカーが使用するには使用料が発生しますので
複数の入力に対応してないと売れにくいモニター以外の製品では、他のメーカーは積極的にThunderbolt 3ポートを導入しないかもしれません
その辺はHDMI商売と同じですね

Thunderbolt対応と書いてあってもMini DisplayPort接続のThunderbolt1.2の対応のみ対応のメーカーがまだ多い状況です(将来的にはわかりませんけども)

一部機器だけapple製品の購入とか、高速伝送の為のThunderbolt3接続のストレージ製品を購入して
うまく繋がらない、繋がってもデータ転送が不安定、速度が出ない状況になる人が出る
つまり、IEEE1394aとIEEE1394bとi.LINKの理解ができず頭ゴッチャになって繋がらないって泣いてたオジサマは、このパターンでも同じ事になるだろうとオモワレ

やるなら全部同じメーカー機器で統一する事
ALL appleならたぶん大丈夫だと
Thunderbolt 3規格が世に出る前の機器はThunderbolt対応としか記載されないので気を付ける事


悪いイメージ的な記事になりましたがThunderbolt 3は現状の規格のなかでのファイル転送速度は最速です
4K、8Kの映像編集などで大容量のデータ転送にはかなり有効です
オリンピックまでに機器の買い替えが進む事でしょう

Thunderbolt対応機器は、基本お値段が高いです
メーカーちゃんぽんで、それぞれの機器メーカーに文句をたれても誰も助けてはくれません
接続相手やケーブルによっても変わりますので、1機器のメーカーだけで判断できません
わからない場合は購入前に接続規格を自己責任でしっかり良く調べる事が大事っす
ってゆーか、全部Thunderbolt 3で統一する事必須です

それでも不安な方は、ギガビットイーサ接続なり別の接続にしておきましょう
まだ枯れていない規格で、ユーザー数も限定されるので特にWindows環境と混在の場合
将来的な動作安定度は未知数です
apple様がWindowsの為に汗かくとは思えへんわ、だってapple様だぜっ
WindowsOS上で発生するバグとか知らん顔やと思う
そして肝心のWindows10のデバイス周りもまだまだ不安定

パソコンとはそういうモノですわ

皆さんの人柱活動に期待しております
トラブル事例があれば是非ネットにUPしてくださいね





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

CJ01


同僚に捧ぐ、的外れかもしれんし、参考になるかもしれん
いや、知らんけど(関西風)


ISRT
Intel SRT ( Smart Response Technology )

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing K1 metadata please do not Interrupt processed.
Reading packed metadata into memory darn creating the segment index par 100%

CJ02

こういう奴な

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing cache metadata
Please do not interrupt this process
Reading packed metadata into memory DONE
Creating the segment/index pairs    100%

こんなんとか

ただしいシャットダウンしてないから
データ不整合出た

停電とか、フリーズ後の強制終了、OSのアップデート失敗とかで発生する
人は私何もしてないのに壊れた!って言う

IRST設定のISRT(ややこしいなぁ)、いわゆるIntelの高速化キャッシュ積んでるPCで起きやすい
キャッシュモジュールとHDDのペアリングエラー
2012~2015頃発売のPCで流行ったISRT
SSDが高価でまだ容量も少なかったので、SSDをHDDのキャッシュモジュールとして利用する方式

その後SSD価格が下がり、大容量SSDにOS丸ごと入れるようになったので
最近では見かけない、ちょっと前のPCで見かける

高速モードの人は、データさようなら~リカバリやね
拡張モードの人は、RAIDBIOSに入ってISRTのキャッシュ設定解除してHDDだけで起動しなおす
修復用のブートメディアがある人はそれでブートするか試してみるといい
拡張モードならHDD側のデータは失われてないから、復旧、データサルベージ出来る可能性は高い
USBブート系のLINUXなどでブートしてHDDの中身覗いたりとかできると思うで

その辺の事は昔書いた気がする、ISRT 設定とか
でも、OS起動しないからRAID BIOS上で解除が必要やな
説明めんどくさいから、知らんわ
暇が出来たら書く

ワタシ、IRSTもISRTもないよーキャッシュモジュール入れてないよ~でもコレでたよー

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing Cache Metadata
Please do not interrupt process.

って人は、WIN10の高速スタートアップのデータ破損とかで起きる
メーカーによってマザーのBIOS設定の高速スタートアップ設定とかでも起きる
ブートメディア使ったり、セーフモードとかで起動するし
エラー後に強制再起動してればその内PC立ち上がるからOS起動したら高速スタートアップを切る
問題起きてない人も高速スタートアップは切っておけ
電力消費の高いグラボやCPUの人は省エネモードとかもOFFとか
NVIDEAのグラボ積んでエコとかワロス!
みみっちい事するな
起動時、スリープ後、パワー不足で落ちるし、グラボ壊れる方が出費デカいぞ
話それたなぁ

閑話休題 ←いっぺん言って見たかった!

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing cache metadataあたりのメッセージが出て来る系は物理故障じゃない場合も多い
もちろん、SSDキャッシュやHDD、Intelチップが破損とかの場合もあるけどもな!
落ち着いてBIOSの認識情報とかレイドバイオスのじょーきょーとか
診断プログラムとか試して置こう
WIN10のブートメディアがネットでダウンロードできてUSBブートできるから
様々な障害切り分けや、レスキューメディアに便利
USBブートOSが正常稼働するなら、問題はストレージ回りやって事やからな

落ち着いて、早くする系の設定を解除
診断プログラム実行、ハードに問題なさそうやったら
悩んで時間消費するくらいならリカバリーしたほうが早いで
高速化系処理は、強制終了、ただしいシャットダウンプロセスに失敗した時に弱い
速さとはリスクと引き換えやわな
最近流行のSSDキャッシュ付HDDみたいな合体魔人ではどうなんやろね
あれはBIOSから見たら1個のHDD扱いやから起きないのかな?
また話それそうやなぁ

今日はこのへんで


私はシャッダウンプロセス障害のcleanlyエラーと呼んでる
cleanly
cleanly
くりんりー

J03

PC起動しなくて怒れる戦士が目覚めちゃう








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

aaaaaaaaa

こんなんがチラッと出て真っ黒になったりする
ずっと出てる場合もある
22222222222

なぜか1か所だけ明るい四角がある

33333333

たぶん、マウスカーソル部分が明るい四角の正体だと思う






ここには嘘が書いてあります
与太話です
間違ってもここにこう書いてあるからとどっかの商売人にクレームを入れるのはやめてください





OKですか?


苦情は受け付けてないです






PCの画像出力、NVIDIAやAMTのグラフィックカードを使用している人は関係のない話ですが
Intelのビデオ出力 CPUで描画している環境
i3とかi5とかのiシリーズで映像を出しているPC

コンシューマPCやビジネスPCなんかは殆どコレに該当すると思います
メーカーを問いません、Intelチップ搭載機なら発生する可能性があるのかもしれない

後、ほとんどのノートPC、スリープを良く使うのはノートだもんね
ちょっと移動、蓋を閉じるとスリープに設定してる人
移動先で蓋を開いてもなんにも映らないやんけ!ってなる
白い縦線画面は蓋開いた一瞬なので、なにも映らんみたいになる

Windowsアップデートの後からにスリープ復旧後、白い縦線画面が表示されて画面復旧しない現象が発生するかもしれません
しないかもしれないし、夕焼けは朝焼けかもしれません

Windows7以降のOSで発生したりしなかったり
Windowsアップデートに発生
WIN10だとFall Creators Update後
10の人は裏で勝手にドライバアップデートするので気が付かないかも

俺ゲーマーだからNVIDIAなんで関係ないもんねって人も
マザーボードのおせっかいエコ機能で描画負荷が低い時はIntel出力になったりする
素敵機能マザーボードをお使いの方も対象になったりならなかったり


◆対策 その1
最新以外の、つまり古い、一個前の
インテル(R)グラフィックスドライバーにする(といいかもしれない)

PCメーカーのドライバダウンロードサイトにあるドライバは大体最新1個前のドライバが置いてあります、自社PCで動作確認も取ってるので一番安心、固いドライバーです
PCメーカーのサイトにアクセスして、メーカー公式のドライバを入れましょう

古いバージョンなので入れられない人は一度
スタートボタン右クリック→「アプリと機能」クリック→「プログラムと機能」クリック→「インテル(R)グラフィックスドライバー」右クリック→アンインストール
で最新ドライバを削除してから入れましょう

でも、勝手にアップデートがかかってまた最新にされて再発するんだけどね
更新切っとけばええんちゃうかな


◆対策 その2
スリープモードにしない
コンパネの電源と管理でスリープモード なしにしましょう
これでも出る人は
あわせて高速スタートアップもきっておく


デバイスマネージャーからドライバプロパティを開いて
ドライバを元に戻すボタンがまだ押せる人はそれでロールバックできる
44444

復元ポイントへのバックでもありかもしれない

メーカーによってはBIOSアップデートすると改善みたいな事もあるらしい


たぶん、そのうちに知らん顔して修正パッチが出て勝手にインストールされる
いつのまにか最新にすれば治るとか、Windowsアップデート手動で最新にしたら改善するとかになるかもしれん
あれ~最近調子悪いなぁ~
いつのまにか治った
っていうのは大体コレである

みんなに出る訳ではない、出る人は出る

誰が悪いねんって、別に誰も悪くない気がする、Intelは少し悪いかもしれない
PCとはそういう世界の商品である

アップデート後に変になったら、前の状態に戻して様子見です
そんなん良くある話ですわ




という夢を見ました

これが私の初夢です!
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします

おわり








スマホの白い縦線は別要因、あきらめて修理だせな



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

7f66ecde

RJ-45 LANコネクタ・ケーブルのアレ


ケーブルキツキツの話したけど、
ゆるゆるはどないやねんって話な

刺しても勝手に抜けたり
使ってる最中にローカルエリア接続が切断されましたとかで
イラララララララ
ムッキー!ってアレやんな

ユルユルのはだいたいオス側原因じゃなくてメス側要因の事が多い
抜き差しが多いコネクタとかはRJ45に限らず緩くなるわな
プロはコネクタ メス側交換しちゃうわな 
私はメス側の内壁をちょいっと弄って調整しちゃう事のが多いけども
ドロップジョー方式で緩いのは金属製なら治せるけど、樹脂製のはヤバイな
無理に太いの突っ込んだら樹脂割れするし

家庭用やったらコネクタにビニールテープでも巻いとけばOKやん
何週巻くかで厚さも自在や
お手軽やし、コスト安 色も色々でマーキング材としても優秀やで
WAN側だけ赤とか、部署によって色分けとかにも便利

そんなんダサいわぁ~嫌やわぁ~って事やったら

電材卸のコネクタ部品番号教えても意味ないやろし
市販品でどーにかしたいって事やんなぁ

縦が緩いのか、横が緩いのかにもよるけども
ケーブルやコネクタ部品はロットとかで全然違うから
このメーカーのコレ!とは言えんわ

そんかわりに代替え案、テケテテン!

その1
爪折れ補助部品
002a
こういう奴やねんけども、LANケーブルの爪が折れた時に後から付ける爪
001a
こんな感じに装着、だいたいどのメーカーの買ってもラッチ部分はカサ高になるので
金属接続部分はカチッと固定されるよ

amazonでも買える


その2
抜け留め補助部品

抜けない様にしたいなら、たぶんこっちのがええわな

003a

こういう奴で、結構きつめになる、ノートPCやと入らない事もよくある

 市販品としてはこの辺かな



抜けるちゅ~のは基本、横はガバガバってのはないはず
LANの穴に電話用の小さいRJ-11コネクタだってキッチリ、カチッとロックされるからな
基本 縦やろなぁ

昔のケーブルのほうがちょっと太いっす
最近のケーブルはスリムなん多いです、PCがスリム化して入らへんってクレーム多かったのかもなぁ

んな感じでどないやろ

ぶっちゃけ、ビニールテープとかセロテープで調整とかでええと思うよ
0015
機械修理にビニテ万歳!

車からサーバまで、工具箱には7色ビニテ!
ミリ調整から、絶縁、防水、配線の色分け、補強、耐熱、耐寒なんでもござれ

ビニテ万歳!

ジーク・ビニテ!




文章だけで、オスメスどっちの部品が歪んでるとか、何ミリずらしたいとかわからんから
望んでた答えとちゃうかもしれんけどもな

つか、知らん人によ~わからん質問されても困るわ

タイトルに
パソコンまわりのメモ書き 
ほとんど嘘が書いてあります。

って書いてあるやん

インターネットとか信じたらあかんわ
水素水みたいなもん、山ほど買うはめになりまっせ!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

444
まぁ、わかってる人にとっては当ったり前の話なんだけども
パソコン買った!!モニター買った!!
さぁ動画見るぞ~~~~
あれ?音が出ない!!
おぅ、なんじゃわれぇ~~不良品じゃー! 
クレーム!!
みたいな愉快な話がこの世の中では多々あるそうな
おぅ、じーざす、世も末だぜっ

今回はなにがわからんのかもわからん人向け
何がわからんのかだいたいわかったら、後は店員さんに相談だ!
厳密に言えば~とかの、細かい突っ込みはナシの方向でヨロシコ

マザーボードにビープ音用の簡易モノラルスピーカーが仕込んであるメーカーさんも多いが
あくまでビープ音用なので箱の中からくもった音が聞こえるだけなのよね
ビープ音ってのは、まぁ、緊急アラームみたいな
キーボードになんかモノのっけてるとプププププ!とかなるアレな!
なんかやばい事になってまっせ!ってお知らせ用のミニスピーカーがだいたい付いてる

パソコンから音を出す

ヘッドフォンを刺す!

一番お手軽、PCのヘッドフォン端子にヘッドフォンを刺しましょう
音が聞こえます
音量はタスクバーのサウンドアイコンから調節してね

スピーカーを付ける

ここでちょっと音響の基礎知識が必要
厳密に言えばスピーカーをつないでもダメで
音声信号を増幅するアンプにつないでアンプにスピーカーをつなぎます

とは言えですよ、だいたい売ってるのはアンプ内蔵スピーカーなので
見た目はスピーカーだけに見えたりします


スピーカーを付ける(ライン出力端子に刺す)

これが昔からある奴、緑のミニジャックのメス穴に刺す
赤がマイク入力、緑が音声出力ですな

 455
緑が音が出る ライン出力
青が音声をPCに入力する ライン入力
赤がマイクを刺す マイク入力 

殆どのパソコンについてる、青のライン入力はない奴もあるけど
緑の穴だけは絶対にある
赤と青は上級者向けだ、こんな説明が必要な人間には100年早い、忘れろ

緑から音が出る、これだけ覚える
可能なら
パソコンでお話したいときはマイクは赤に刺す
も覚えておこう

446

こんな感じだ

アンプの電源用に別途コンセント接続が必要になります
ライン出力だけど、電力をUSBから貰うタイプもあります
USB、ラインどっちでもOKのタイプもあります 

サウンドチップはマザーボードの物を使いますので
ドライバの追加インストールなどのソフトウェア的な手間はかかりません
ただし、マザーボード付属のサウンドチップはあまり高音質ではない事が多いので
音質はそこまで期待できません
だいたいリアルテックチップなんだよなぁ 

こだわらなければ1000円くらいからあるぞ


パソコンを買ったお店に大体売ってるから、ちょっと高くても
店員さんに相談するのがいいんじゃないかな
だいたいみんな家電量販店で買ってるやん?
たぶん売ってるよ

スピーカーを付ける(USB接続)

USB端子につなげるアンプ内蔵スピーカーです
USBから電源供給されるので電源コードが必要ありません

USB接続なのでドライバのインストールが必要ですが
ほとんどOSが勝手に認識して勝手にインストールしてくれます
デフォルトの音声出力がマザーボードの音声出力になってますので
再生デバイスの選択でUBS接続のオーディオに切り替える必要があります
565
設定でパソコンにどのデバイスで音を出すか指示してやらんと
そこからは音がでないからな~
USB接続が切れたりドライバの更新とかOSのアップデートで設定が元に戻ってしまう事があるから
やり方は忘れないように
必要なら取説にのってる、取説読もうな

またUSBデバイスはノイズが乗りやすいので、時々プチッとかいいます

これもお値段ピンキリです


 サウンドカードを追加する

良い音出したい人は、専用のサウンドカードを増設します
高画質でゲームしたい人がグラフィックカードを追加するのですが
あれの音声バージョンだと思ってください

サウンドカードからデジタル端子で高級オーディオに接続
シアターセットとか、高級オーディオとか
まぁ、そんな事する人はわかってる人なので割愛します


USBタイプのサウンドカードもあるよ
小型の物はヘッドセット 音声チャットやビデオチャット、電子会議なんかで使うのに便利です
ヘッドセットそのものが直接USB接続できるタイプのが便利かもしれないけどね
 



モニターから音を出す
555
こういう奴ね、昔はよくあった
最近のディスプレイはスピーカーがついてないモノの方が多いね

個人向けPCはディスプレイにスピーカーが内臓されている物があります
テレビもみれちゃう!とかいうパソコンはだいたい内臓スピーカー付いてる 
 
アナログ的にPCの音声出力端子からモニターの音声入力端子に刺すタイプが多いけど

DP(ディスプレイポート)接続やHDMI接続のモニターであれば
映像用ケーブルで音声もモニターに送れます
配線がスッキリしますし、モニター内臓スピーカーですと
机の上がスッキリします
プレステとかにもついてるやん?ゲームする子はわかるよね 

その他、モニターに取り付けるタイプのスピーカーもあるので
一旦HDMIやDPでモニターに音声を送ってモニターから
モニター用スピーカーに接続するなどのタイプもあります
机のスペースを取らないのでモニター用取り付けスピーカーなかなか良いですよ
 DELL
こういうのとかね、モニターのメーカーオプション品に大体あるので
純正オプションだと配線や固定がいい感じになってます
なんでも純正品は座りが良いし、純正品ならメーカーサポートに電話すれば
色々教えて貰える

一般品だと、サウンドバーとかの名称でモニターのスタンド部に置くタイプとか
邪魔にならないし便利です
424
こういう感じのスピーカーならモニターのスタンド部分や
モニターの上に置けるので邪魔にならないし、モニター見ながら正面から音が聞こえるので
聞こえ方がしっくりきます



まぁ、とりあえず音がでればいいなら
この辺の説明でなんとなくのイメージは出来るんじゃないかな?
後はショップでお兄さんに相談だ!

ピンジャック接続やワイヤレス接続(ブルートゥスとか)だと
スマホやノパソ、モバイル系の音声出力にも使えたりするよ
スマホにいれた音楽を家では大きなスピーカーで良い音で聞きたい!
とかにも有用だ!

なんか嫌らしくamazonの適当な商品を乗せておいたが
大きさとか、机のサイズとかあるし、肝心な音質な!
いい音の好みって人それぞれ違うから、大きいパソコンショップだと
視聴できる所もあるので、実際自分の耳で聞いてみるといいじょ

とりあえずパソコンとモニターを買ってきただけでは
音はヘッドフォンじゃないと聞こえないって事を覚えておいてくれ!

後、買ったら取説読もうな!!
これ絶対だかんな!

刺しただけじゃ~音でないのもあるからな! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ