は前にしたけども
似たような状況になってるのが、Thunderbolt
Intelとappleの共同開発企画なので、基本的にはapple製品でしか使われないのですが
伝送速度が高いので大量のデータ転送が必要な場合はWindows機でも使われたりします

Thunderboltは現状
  • Thunderbolt1
  • Thunderbolt2
  • Thunderbolt3
の3種類になったんだけどもThunderbolt1、Thunderbolt2とThunderbolt3はだいぶ違うのよね
_SL1000_
まずThunderbolt1to2はコネクタの物理形状としては
Mini DisplayPortなのね、Mini DisplayPortの拡張規格としてのThunderbolt
ケーブルは雷マークのThunderbolt用ケーブルを使わないとデバイスとして認識はされないけども
物理的にはMini DisplayPortと同じ穴なので普通に刺さります
_SL1000_
Thunderbolt3からコネクタの形状が変更になってUSB TYPE-C上で稼働する様になっています
仕様や伝送速度に関してはググればいくらでも出てくるので割愛するけども


ウィキペディア Thunderbolt

大事なのは

Thunderbolt1.2はコネクタ形状がMini DisplayPort
Thunderbolt3はコネクタ形状がUSB TYPE-Cって事ね
3838101_620x310

んで、ぞれぞれ専用のThunderbolt用のケーブルが必要って事
刺さるから使える訳ではありません
もちろん差し込む機器もThunderbolt対応してないとアカンで!!

もっかい言うで、大事な事なので2回(略)

Thunderbolt1.2ケーブルはMini DisplayPort用のケーブルでは使えない(刺さるけど)
Thunderbolt1.2用のケーブルが必要です 雷マークがついてるケーブルね!




Thunderbolt 3ケーブルは、Thunderbolt 3とUSB 3.1 (USB-C) デバイスの両方に対応
USB 3.1 (USB-C) ケーブルはThunderbolt 3デバイスで使えない
Thunderbolt用ケーブルにはかならず雷マークがあるので間違えないように





まず自分が接続しようとする機器の規格が
Thunderbolt対応なのか?(それただのMini DisplayPortじゃーん 使えねーよ!って話多い)
Thunderbolt対応として、それThunderbolt1なの、2なの、3なの?

接続する二つの端末の仕様とそれにあったケーブルなのかをよく確認してください
Aメーカーの端末とBメーカーの端末を接続できないとして
Aに問い合わせてもBに問い合わせても、接続相手とケーブルが何かわからなければ
知るかボケって話になります
appleなら機器を全部appleにすればだいたい大丈夫ですが
機器やケーブル全部別メーカーで、規格の理解ぐちゃぐちゃでケーブルも間違ってて
一人キレてるタイプの人はThunderboltには手を出さない方が良いです


Thunderbolt1.2とThunderbolt3の互換について

次に問題になるのが、Thunderbolt1.2の機器とThunderbolt3の機器の接続です

コネクタ形状がそもそも違うので、物理的につながりません
じゃぁ、変換コネクタをかませばいい!ってなるんですが・・・・
商品としてあるにはあります、売ってます



技術的、使用的にはThunderbolt 3技術は、Thunderbolt 1および2との下位互換性する事になっています
ただし、充電機能や双方向通信機能などThunderbolt 1および2の機器とThunderbolt 3の機器の変換接続は原則正常動作しないものと考える方が安全です

apple製品同士であれば、動作確認済みなのでapple純正ケーブルであれば変換可能です
ただし、apple機器以外の接続は高確率で相性問題が発生します
繋がったらラッキーくらいで、一部機能が使えない、伝送速度が著しく低下不安定化します

Thunderbolt 1と2は正常に通信可能ですが
Thunderbolt 1および2とThunderbolt3は原則apple製品同士以外は使えない事があるという認識が必要です

技術的にとか仕様的にとかではなく、プロの仕事としての道具として使えないモノです
誰が悪いとかではないのです、Intelとappleが共同開発でThunderbolt 3を従来のコネクタと規格から
USBタイプC上で稼働する規格に変更したので、お前らいつまでもThunderbolt 2使ってんじゃねぇよ
薄型ノートPC用にタイプCで全部処理するようにしたかったんだと思います
さっさと全部Thunderbolt3機器に買い替えろって話ですわ

映像表示、ディスプレイ表示などではうまく変換できる事もありますが
NASや外部ストレージメーカーは基本的にThunderbolt 1および2とThunderbolt3の変換接続は積極的に保証していない事が多いです
または専用の変換コンバーターの使用
apple純正の変換ケーブルの推奨など様々な条件があったりします
購入前にThunderbolt3側機器メーカーにThunderbolt1.2との変換接続に関してお問い合わせ下さい

※参照 
SEAGATE
Thunderbolt 3に関するよくあるご質問

Thunderbolt 3ストレージ・デバイスには、ThunderboltとThunderbolt 2コンピュータとの下位互換性はありますか?

Thunderbolt 3技術は、Thunderbolt 1および2との下位互換性を備えていますが、Thunderbolt 3は旧世代とはインターフェイスが異なるため、別途アダプタが必要です。
例えば充電など、Thunderbolt 3デバイス特有の機能の中には、アダプタ使用時に機能しないものもあります。
もうひとつ重要な点として、すべてのアダプタが双方向性であるわけではありません。
すなわち、Thunderbolt 3デバイスにアダプタを接続してもThunderbolt 2またはThunderbolt 1コンピュータでは機能しないことも、またその逆もあります。

Thunderboltストレージ・デバイスの中には、複数のインターフェイスがあるものもあります(Thunderbolt 3とUSB 3.1など)。
そのため、Thunderbolt 3に対応していないシステムでも使用できる場合があります。

Thunderbolt 3の性能をフルにご活用いただくには、可能な限り毎回Thunderbolt 3を使って接続することを強く推奨します。

注:すべてのアダプタがThunderbolt 3デバイスで完全に機能するという保証はありません。


すべてのThunderbolt 3 (USB-C) ケーブルは同様に製造されていますか?
いいえ、Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルには、パッシブとアクティブの2種類があります。
パッシブ・ケーブルの方が低価格で、長さが0.5m以下の場合は40Gb/秒、長さが0.5mを超える場合は20Gb/秒の転送速度に対応します。
アクティブ・ケーブルは、最長2mで、40Gb/秒のデータ転送速度に対応できます。

※参照
QNAP
TVS-1282T3

https://www.qnap.com/ja-jp/product/tvs-1282t3

注記: Thunderboltケーブルは別売です。
Thunderbolt 3 (USB-C) - Thunderbolt 2コンバーターは、特定のWindows PCモデルと互換性がない場合があります。


最初にIEEE1394aとIEEE1394bとi.LINKの話に似てると言いましたが
まぁ、都会のプロならこの辺知りませんとかいう人はいないと思いますが
いわゆる地方で結婚式のビデオ撮って編集したりしてる個人事業主みたいな人とか
古いThunderbolt 1および2の機器を沢山持ってて、新しく購入した機器がThunderbolt3で古い資産を有効利用したい人なんかが繋がらなくて困ったりするだろうなぁと


PC接続であればThunderbolt3用の拡張ボードが必要です
メーカー標準でThunderbolt3があるのは、今の所appleぐらいじゃないかなぁ
Thunderboltって書いてあるのはほとんどThunderbolt2ポートです

まだまだ出してるメーカーも少ないですね



基本的に、Intelとappleの共同開発企画です、他のメーカーが使用するには使用料が発生しますので
複数の入力に対応してないと売れにくいモニター以外の製品では、他のメーカーは積極的にThunderbolt 3ポートを導入しないかもしれません
その辺はHDMI商売と同じですね

Thunderbolt対応と書いてあってもMini DisplayPort接続のThunderbolt1.2の対応のみ対応のメーカーがまだ多い状況です(将来的にはわかりませんけども)

一部機器だけapple製品の購入とか、高速伝送の為のThunderbolt3接続のストレージ製品を購入して
うまく繋がらない、繋がってもデータ転送が不安定、速度が出ない状況になる人が出る
つまり、IEEE1394aとIEEE1394bとi.LINKの理解ができず頭ゴッチャになって繋がらないって泣いてたオジサマは、このパターンでも同じ事になるだろうとオモワレ

やるなら全部同じメーカー機器で統一する事
ALL appleならたぶん大丈夫だと
Thunderbolt 3規格が世に出る前の機器はThunderbolt対応としか記載されないので気を付ける事


悪いイメージ的な記事になりましたがThunderbolt 3は現状の規格のなかでのファイル転送速度は最速です
4K、8Kの映像編集などで大容量のデータ転送にはかなり有効です
オリンピックまでに機器の買い替えが進む事でしょう

Thunderbolt対応機器は、基本お値段が高いです
メーカーちゃんぽんで、それぞれの機器メーカーに文句をたれても誰も助けてはくれません
接続相手やケーブルによっても変わりますので、1機器のメーカーだけで判断できません
わからない場合は購入前に接続規格を自己責任でしっかり良く調べる事が大事っす
ってゆーか、全部Thunderbolt 3で統一する事必須です

それでも不安な方は、ギガビットイーサ接続なり別の接続にしておきましょう
まだ枯れていない規格で、ユーザー数も限定されるので特にWindows環境と混在の場合
将来的な動作安定度は未知数です
apple様がWindowsの為に汗かくとは思えへんわ、だってapple様だぜっ
WindowsOS上で発生するバグとか知らん顔やと思う
そして肝心のWindows10のデバイス周りもまだまだ不安定

パソコンとはそういうモノですわ

皆さんの人柱活動に期待しております
トラブル事例があれば是非ネットにUPしてくださいね