a001

前回は1960年代から始まった米国のARPANETの話をしたけども
今度は日本でのお話

今回は以下の2名について、ぐぐれるだけぐぐって
どんな人だったのか調べてみて下さい


村井純(むらい じゅん)先生と金子勇 (かねこ いさむ)先生のお二人
a003
村井先生は
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長兼慶應義塾大学環境情報学部教授。
JUNET設立者
WIDEプロジェクトFounder
日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC) 理事
慶應義塾大学理工学研究科博士課程修了
サイバー大学客員教授

事実上、日本のインターネットはこの人が作った
63歳 まだまだいろんな所で活躍中です

a002
金子 勇 先生

東京大学大学院情報理工学系研究科特任助手
東京大学情報基盤センタースーパーコンピューティング研究部門特任講師
通信の仕組みにPeer to Peerを用いたファイル共有ソフト"Winny"の開発者
Skeedの取締役

2013年に42歳でお亡くなりなってます
事実上、日本の司法組織に殺害された様なものでした

村井先生は金子先生の裁判の弁護側証人に立ち共に戦い
通信ソフトウェア開発者が犯罪の幇助罪に問われる事に対し
その理屈だったら、日本にインターネット引いてきた俺が幇助じゃん
と、村井先生無双!

最終的には無罪を勝ち取りましたが
無罪判決後数年で金子先生は心筋梗塞で亡くなり

村井先生が後日、金子さんの遺志が健全に羽ばたける世に治すことを硬い約束としたいとおっしゃられた記事が今でも忘れらないでいます

金子先生のやってた事は、現在のクラウドや仮想通貨などの分散型ネットワークだったり
ストリーミング配信の技術開発とかだったり、未来の研究開発でした

生配信とかビットコインとか流行ってますけど、あぁ、金子先生生きてたらなぁ~

落合陽一先生は未来を魔法の世紀と言ったけども
これからも魔女狩り、宗教裁判は続くだろうし
幸せな事ばかりではなくて、結局の所、最後は金と暴力である

Winnyが流行ったあの頃、大量のセッションとトラフィック、ウイルス拡散で経済的に大損害を受けていた者達が・・・・って

なんだかなぁという気分にさせられたのを、通信業界の底辺の末端であった私ですら感じたのを思い出します

いかんね、私はプロパガンダ野郎じゃないし、そっちのセンスもまったくないっすわ
そういうのは得意な人に任せて、歴史の話ね

まぁ、このお二人は日本のインターネットの光と闇なのでお名前だけでも知っておいてね
ポロッと会議で出てきて、誰それ?ってなると結構困る事になるよ




さてさて、前回は米国の話だったよねぇ

米国がネットなる物をやり始めて、日本でもそれっぽいモノが始まった

時代的には、ソニーのウォークマンがカセットテープからCDプレーヤーになって、ディスクマンって商品名になったけども、みんなウォークマンって呼ぶので・・・・もぅいいよ、じゃぁウォークマンでいいよって
ソニーのポータブルプレーヤーが全部ウォークマンブランドになったりしてた時代だ

ちなみにWALKMANは和製英語であって英語じゃない
歩く人はWalkerだ
歩いている人はWalking man
海外向けにはちゃんと現地の商品名をつけていたが、日本人ならではのむちゃくちゃな和製英語が面白かったのか、海外でもウォークマンで定着
ソニー語などと呼ばれて、日本から英語圏の人におかしな英語を逆輸出するおかしな現象が増え始める

じゃぁ、時代ごとに雑な事書いていきますか
この辺はぐぐれば色々でますので、どうぞ自分の目で確認してください
時代感を理解できる様に、

男の子向けに 当時の仮面ライダーも合わせて記載します
女の子向けに 当時の日曜朝の少女枠アニメを記載しておきます

現在の仮面ライダーとプリキュア安定時代以外の年は結構判定微妙な作品もあったり
全枠男の向け時代とかあったりするので記載はなしの方向で、さーせん


1982年
仮面ライダーゼクロス
この後、数年仮面ライダー企画は凍結される

1984年
とんがり帽子のメモル

最初のネットは1984年 東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学の3大学が実験的にネットワーク接続したJUNET(Japan University Network)

これは他の大学やら、研究機関もワラワラと参加して次第に大きくなっていき、1988年に取りまとめ団体をちゃんと作ろうか~ちゅうて出来たのが
WIDEプロジェクト

日本電信電話公社(NTT)も全都道府県庁所在地を光ファイバーネットワーク網を完成させた
もちろん基幹回線でご家庭はまだ電話線の時代やね


1985年 電気通信事業法施行
はーいステップジュン

日本電信電話公社がNTTになる
日本電信電話公社(NTT)と国際電信電話株式会社(KDD)の独占事業だった
通信事業が自由化される
これにより一般企業の通信事業の参加、個人が電話回線にモデムを接続しての通信が広まる

ニフティ、アスキーネット、PC-VANなどのパソコン通信が始まる
インタネットの前進、草の根ネットなどと呼ばれた
基本的には個々のサービスはそれぞれ独立しておりニフティの人はニフティの人同士でしか通信はできなかった

パソコンで掲示板に読み書きできる
チャットができる

それだけのものだったんだけども、とても楽しかった
毎日ワクワクした
今でいうなら初めてVRゴーグルをつけてVRchatをした時の感覚に近い気がする

古城十忍さんの
ONとOFFのセレナーデという本がある
舞台用の本なのだが

舞台としてなんども上演されている
第三舞台のONとOFFのセレナーデがVHS規格で販売メディア化されたかとがある
舞台版の映像作品が見たい人は運がよければ中古ショップやヤフオクなんかで見つかるかもね
探してみてね
当時のパソコン通信のチャッターのお話である

今見ても、人間のやってることは同じなのでなんの遜色もなく楽しめます
お近くの劇団がこの本をやることがあれば是非見に行ってください
最高です


1986年
メイプルタウン物語
1986年 .jpの管理がIANA(アメリカのドメイン管理団体)から日本へ管理が委任される
日本へとは書いたが、IANAのジョン・ポステル氏より、.jp ccTLDの権限を慶應義塾大学の
村井純氏個人に委任された
以下、WIDEだJNICだとかあるが、ほぼほぼ村井純先生がやってる

1987年
仮面ライダーブラック 放送
新メイプルタウン物語 パームタウン編


1988年 
WIDEプロジェクト発足 NTTがISDNサービス開始
仮面ライダーブラック→仮面ライダーブラックRXになる

1989年
昭和64年/平成元年
a004

1989年にはアメリカの一部ネットワーク団体、NSFNETちゅうところにも繋がった

主に学術目的だった日本の初期インターネットだけども
ネットでデータを送るってのは、それまでの郵便にくらべると
コストも時間もすげー短縮できるので、企業参加が相次いだ訳ですわ

1991年
JNIC設立(ドメイン、IPの管理団体)

1993年
JNICがJPNICになる

1994年
ママレード・ボーイ

まだこの辺まではネット接続は結構難易度も高くて
初期導入費用も高かったんだけども
1994年にRADIUS(Remote Authentication Dialin User Service)
ラディウス、ユーザー認証による通信制御機器が発売されて一気に個人向けサービスが展開された

いわゆるダイヤルアップIP接続サービスの本格開始だ

このラディウスってのだけは、単語だけでも記憶に残しておいて欲しい
未だ現役だし
誰がいつ、どんだけ接続したかの管理がすげぇ分かりやすくなる機械だ
課金管理がとってもお手軽になる機械だ

1995年
1995年には、Windows95が発売されて複雑なネットワークの知識がなくても
ラディウスとOSの力で比較的簡単にネットに接続できるようになった

そして当時まだ高かった通信費用に革命が起きる
NTTが同一市内か隣接地区の特定の番号に対し、夜11時から翌朝8時までの通話に対し料金が定額となる「テレホーダイ」の始まりである

つまり夜中ならネット繋ぎたい放題だ!
今では当たり前だけど、当時接続時間分の電話料金を支払っていたネット野郎には夢のような話だったんですわ

1995年、日本では阪神淡路大震災があってな
いくつもの拠点がつぶれても、分散複合型ネットワークのインターネットは大丈夫だった訳ですわ
日本の偉い人も、自然災害の多い日本はこのインターネットって奴を普及させなあかんなぁと加速度的に発展していくことになる訳ですわ
米国のミサイル攻撃やテロ対策の軍用ネットワークは、日本の地震や津波による被害とくしくも想定は違えど解決策は同じだった訳っす

1996年 
夢のクレヨン王国

日本発のポータルサービス
Yahoo!JAPAN始まる!

もう最近ではポータルサイトって概念はあんまりないねんけどね
URL知らなきゃ、世界のどんなサイトがあるのかも分からない時代だったし
ポータルサイトは結構重要だったんだよ

1997年
Ultima Online βテスト開始
ブリティン西の三叉路にテレホタイムに行くと
道に転がる何体もの死体の山と散乱する矢
Ping 500 Loss10%でもマシな方みたいな
いや、これは知らなくていいわ

ジオシティーズの無料ホームページサービスはじまる
BBS、キリ番、リンクバナー なぞのインターネットマナーが次々生まれる

1999年
おジャ魔女どれみ

2000年
仮面ライダークウガ
おジャ魔女どれみ♯

2000年には、当時の森喜朗内閣総理大臣がe-Japan構想とか言い出して
法整備がまったくされてなかったインターネットに関して
IT基本法案を打ち出し、高度情報通信ネットワーク社会形成基本法が成立されたり
IT国家戦略やら、超高速インターネット整備計画やら国を上げての大騒ぎ

Googleの日本語検索サービス開始
Amazon.co.jpがサービスを開始
日本で初めてのネット銀行 ジャパンネット銀行 誕生

JPRS (株)日本レジストリサービス 設立




2001年 
仮面ライダーアギト
もっと! おジャ魔女どれみ

夢の高速インターネット ADSLが開始される
IANAは.jp ccTLDの委任先について、村井純先生個人への委任からJPRSへの移管を受理する

GATE01
家庭向け、オフィス向けの通信インフラは事実上NTTの独占状態であったが
大阪有線放送系の子会社 USEN (通信事業者名はUCOM)が有線放送の電柱配線技術を生かして
NTTとは別に独自の光ファイバーによるラストワンマイルサービスGATE01が都内一部で開始される
現在はUCOMと丸紅アクセスソリューションズが合併しアルテリア・ネットワークスとなっている
NTTのダークファイバーではなく自前施工の光ファイバー回線で勝負をかけた稀有な事例である
現在でもUCOMIPアドレスはネットワークの各所で見かける


2002年
仮面ライダー龍騎
おジャ魔女どれみドッカ~ン

オンラインゲーム ラグナロクオンラインの人間関係から現実の障害事件発生?
「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」
という名言を産む
真偽は不確かではあるが、ある意味で歴史に残る事件であった

2003年 
仮面ライダー555
明日のナージャ
都心部に向けて一般向け光回線サービスが開始

2004年 
仮面ライダー剣
ふたりはプリキュア
mixiが大流行、ネットがギスギスした監視社会に

Winny P2P分散型ファイル共有ソフトウェアの開発者が逮捕される
現代のクラウドや暗号通貨などの基礎になる技術だが、著作権を無視したファイルのやり取りが横行する、なぜか開発者の東京大学大学院情報理工学系研究科助手だった金子勇さんが著作権侵害行為幇助の疑いで京都府警察に逮捕され、その後長い拘留と裁判が続く事になる
これによりネット上でオープンソース開発などに参加していた野生の天才達が姿を消す

2005年 
仮面ライダー響鬼
ふたりはプリキュア Max Heart
YouTube開始


2006年 
仮面ライダーカブト
ふたりはプリキュア Splash Star

モバゲー誕生

証券取引法の風説の流布の容疑でホリエモン逮捕
監査法人の入った株式会社の社長の自宅に行き成り特捜が身柄を押さえに行くという謎の事件
ホリエモン=悪という報道がなされるが
具体的に何が悪くて、それ社長が個人的に逮捕、服役させられるの?
真相は現在も謎である

日産自動車の会長カルロス・ゴーンさんが今同じ状態なんだけども
こちらも真相は謎である

2007年 
仮面ライダー電王
Yes!プリキュア5
回線速度の上昇によりUstream、ニコニコ生放送など映像のリアルタイム配信が可能になりはじめる

2008年 
仮面ライダーキバ
Yes!プリキュア5GoGo!

iPhone Facebook Twitter 生まれる

2009年 
仮面ライダーディケイド
仮面ライダーW

フレッシュプリキュア!
GoogleのOS「Android」誕生 スマホ時代始まる

2010年 
仮面ライダーオーズ
ハートキャッチプリキュア!
iPad でた

2011年 
仮面ライダーフォーゼ
スイートプリキュア♪
Winny開発者の最高裁判決で無罪判決

2012年 
仮面ライダーウィザード
スマイルプリキュア!
LINE パズル&ドラゴンズ

2013年 
仮面ライダー鎧武
ドキドキ!プリキュア
Winny開発者 急性心筋梗塞で死去



この辺でいいかな?
さすがにこれ読んでる人が10歳未満って事もないやろから
後は自分の記憶をたどってくれな~


昔のインターネットと法律と政府と国家はむちゃくちゃカオスで
摩訶不思議な事だらけで、刑事さんも裁判所も役人も
パソコンわからんし、インターネットわからんもん

高額な専用線や自前のシステム構築に最初に真剣に取り組んだ事業者って
ヤクザ屋さんだったよねぇ、ヤバイブツ売るには最適だったから
仮想店舗でガサ入れ知らず
ダイヤルQ2時代から、ヤクザ屋さんは通信事業のスペシャリストだったからね
言えない様な刑事事件に一介の通信屋が巻き込まれる事も多々ありました

今もたいして変わってないっすけども

とりあえず刑事さんが直接通信キャリアに電話してきて
2chで書き込みしてるコイツだれや?住所教えろ!とか脅しの電話してくる事はなくなったなぁ

正直、電話じゃヤクザ屋さんと警察とクレーマーと、区別ってつかないんだよなぁ・・・・

ってそんな話は関係ないか

なんだかかんだ、最近まで日本のインターネットって村井先生の個人の信頼で海外と繋がってたし
たぶん、今もそうやと思うよ

ミスター・インターネット 村井先生

村井先生は長生きして頂きたいっすね

一流大学の頭いい先生なんて、私にはまったく縁はないのだけども
通信やるとどっかで大学の研究機関や大学の先生の論文とかに出会っちゃう事になるっす

まだまだネットは不安定で、安定する前に新しいモノが生まれるから
永遠に不安定で、ふわふわした世界なんだと思う
不完全を前提とした設計がされている
どこかがダメでもなんとかなるのが分散化通信網なのである
WEBとは蜘蛛の巣
world wide web 世界に広がる蜘蛛の巣なのである

管理系団体とかも、世界中コロコロかわっていくし
その辺はドメインの説明の時にでもしましょうかね






通信とかITとかプログラムとか色々ありますけども
夢の技術職、技術キャリア~みたいな話あるじゃないっすか
どんな仕事だって、所詮は金儲けでして
最後は、金と暴力です

ラブもピースもないんです

人類史上、法治国家なんて存在した試しはなく
強い奴の都合で世の中動きます
いつだって弱い奴は食われます

マッドマックスです
ケンシロウのいない北斗の拳です

未来のある人には
その事を頭の片隅に置いておいて欲しいです

ではでは




あれ?その9まで来てまだ具体的な通信の説明なんにもしてない気がする
次こそは、なんか実のある話にしたいなぁ・・・
無理っぽいなぁ