からくり箱 保守記録


ほとんど嘘が書いてあります。
質問されても答える事はできません
業務機ワールドの話なのでコンシューマパソコンの事はわかりません
アレな記事はパスかけてます(アレです)

カテゴリ: UEFI

RAID設定
ミラーとかストライプとかの奴
RAIDってなぁに?みたいな説明のページはぐぐれば腐るほどあるのでそっちでどうぞ

んで、RAID設定といえば、起動時にCTRL+ なにか

IntelRAIDチップは i だし

AVAGO TECHNOLOGIES(旧LSI社)
LSIRAIDチップは とかmとか hとかいろいろ製品によって違う

起動時にRAID設定したかったら、このコマンド押せってメッセージが流れる

c03884049
こういうの、コントロール+iでconfigにエンターできますとか一瞬表示される
コンシューマ寄りなマシンはBIOS設定で有効にしないと出ないのもある
HDDが1本しかない場合は出ないメーカーもある
そもそもRAID BIOS入れない時は、HDDのモードがRAIDになってるのか
HDDは2本以上認識してるのかとか最低条件が整っているか確認しよう

っと、本記事はそういう楽しいRAID講座じゃなくて
この見慣れたコマンドプロプトのような画面でのRAID設定がだんだん無くなり始めてる
RAIDBIOSがマザーのUEFIに統合されてるのも出てきた
新機種はWIN7対応を完全に切ったハードなので、レガシーなBIOS機能をだいぶ削減してるからかもしれない
20180721_202147820
なつかしのこういうベーシックでレガシィな感じでの設定ができない
CTRL+アレとか押してもうんともすんとも
仕様書みたらUEFI設定でRAID設定も出来るからそっちでヤレと
マジっすか、見慣れたインターフェースじゃないと、故障時の判断がつかない
メーカーごとに独自表示されるのは嫌なんだけどなぁと思いつつ
UEFI BIOSで言われた通りに設定する

あぁ、最初に、BIOS画面なので画像キャプチャするの設定とかめんどくさいので
写真だ、今後うっかりモニターが暗い絵で、髭面の配管工おじさんとか素敵美少女の顔が映りこんでても、黙って見なかった事にしてほしい

それとHDD構成は

ポート0 HDD OS 1TB(シングル)
ポート1 HDD RADI1 300GB(ミラーメンバー)
ポート2 HDD RAID1 300GB(ミラーメンバー)

ポート1とポート2のHDDでRAID1 データ用ドライブをミラーリングでお試し
OSは復活イメージなりバックアップがあるから吹っ飛んでもいいけども
大事なユーザー作成の機密文書だけはミラーで故障によるデータ損失を防ぎたい!
みたいなイメージ

ここまでの文章で、あぁ~はいはい、あいしーめるしーりょーかい
とならない人には、あんまり参考にならない記事である


20180805_1943353372

んじゃ早速、BIOSはいりーの、UEFIドライバーの項目から
SATAコントローラーを選ぶ
20180805_194425458
ちゃんとHDDを3本認識しとる
物理シリアルが出とるので、隠しておく、適当なSATAディスクをツクモの中古コーナーで一番安いの(1500円)を買ってきた、元オーナーが、あ、それ俺のやん!とかなっても嫌やし
ちゃんと動くしディスクチェックも合格、ツクモさんいいね!
3863296i
ツクモさんは夜遅くまで営業してるので
帰りに寄ってじっくり過ごせる唯一のPCショップ
リアルのPCパーツ屋さんがどんどん潰れていくご時世だ
ツクモさんにはそれなりに儲かってもらって、いつまでも営業しててほしい
時々、スズメの涙ほどの金を落とすよ、万歳!
つくもたんカワイイヤッター

話がそれた

んで、物理構成と同じ表示だOKOK
ポート0 HDD OS 1TB(シングル)
ポート1 HDD RADI1 300GB(ミラーメンバー)
ポート2 HDD RAID1 300GB(ミラーメンバー)

んじゃ、〇してある所、クリエイト レイド ボリュームをクリックする
UEFIのマウスが使える感じは楽でいいな
20180805_194601571
まずは、どういうRAIDが組みたいのか選ぶ
選択肢は0.1.5だ
HDDが4本あれば1+0とか0+1とかも選択肢に出るのだろうか?
そこらへんはRAIDコントロールチップ次第なので仕様がわかれば自ずとわかるかな?
今回はRAID1 ミラーを選択する
20180805_194644210
んで、どのHDDでミラー組むか選べと、空のセルを×にすると選択らしい
じゃぁ、ポート0はシングルで ポート1と2でミラーリングだ
20180805_1946442102
選択したら、下のクリエイトボリュームをクリックして実行
20180805_194657496
本当によろしいですか?Y/Nって聞いてこない
いきなりRAID構築終了、HDDの中のデータはこれで一回全部飛ぶらしい
怖ぇぇな
まぁ、本来この構成なら怖いのでOS上でインテルラピッドストレージテクノロジーでOS上のソフトウェア上でのんびりやりたいね
OSインストール前や、初手でRAID0やRAID5の場合はここでやるしかないね
ちゃんとポート0の1TBのHDDはNon-RAIDで2本の300GBのHDDがミラーリングのボリューム0になった、よしよし

じゃぁ、これでOS入れて立ち上げてみよう
IMG_20180805_195923

問題なく起動した、IRSTでの表示も問題なし
設定した通りの構成になっとる
なぜかここから写りが凄く悪い、写真は詳しくないので謝る
IMG_20180805_202102
では、HDD故障で失いたくない重要データ(仮)を作成する
IMG_20180805_202049
RAID1のドライブ
ポート0のOSドライブはパーテーション切ってあるので
CとDが割り当てられてる,DVDドライブがEで、RAIDディスクはボリューム:Fとした
ボリュームFにこの重要データ(仮)を保存する

RAIDの組み方までならこれでOKだね
じゃぁ、避難訓練、HDDが1本壊れた状況再現で物理的にHDDのケーブルを抜いてみる
IMG_20180805_201818
システム警告発生
RAIDステータス:劣化
うんうん、HDDが1本なくなっても警告が出るだけで動作に問題はないね
IMG_20180805_202102
重要データ(仮)も無事だ
普通に表示できる

せっかくなのでUEFI BIOS上での表示を見てみよう
今回の様にOSはシングルでOS側のHDDが壊れたり
ストライピングをOSドライブで組んだ場合はUEFI上でしか状況わからないからね
IMG_20180805_201357
RAIDボリューム0の名称のお尻がnormal→Degraded(劣化)になった
データの表示名がカンマ区切りになってるので、RAIDチップの情報をCSVで拾ってるだけなのかもしれんね
文字の色が緑→黄色→赤とならない所が気に入らないってか、わかりにくい
POSTプロセスで表示もないので、一般ユーザーはわからないだろう
WIN10の警告も、クロームじゃなくエッジつかってくれとかどうでもいい広告を混ぜてくるので一般ユーザーは真剣に読まないであろう
ミラーで片側落ちたまま放置プレイで2本目も落ちたって話はあるある過ぎて笑えない
IMG_20180805_2014242
クリックしてRAIDのインフォメーション
ミラーなのにメンバーディスクが1本しかない!!
HDD1本落ちてますね~というありがちな表示
IMG_20180805_202334
じゃぁ、HDDは1本壊れました→新しいHDDを用意して交換します
RAIDボリュームのDegraded(劣化)がRebuilding(再構築中)になった
リビルドには少々時間がかかりそう
IMG_20180805_202704
OS起動、OS上の警告は消えました
IRSTのRAIDステータスもオールグリーンです

IMG_20180805_202718
情報タブの表示は、SATAアレイ0 再構築中3% 1分で3%くらい
30分もあれば終わるかな?
IMG_20180805_202102

重要データ(仮)も問題なし
RAID組んでる2本のHDDが同時に壊れたり、ハードウェア的な故障でなく
ソフトウェア的な要因でデータが壊れない限り
HDD1本だけの故障であれば重要データ(仮)は守られる訳だ

結局UEFI制御になっても、RAID制御チップは大手何社かのままで
そいつの出力データをUEFIで引っ張ってきてるだけっぽいね
実行前に、本当にいいの?データが消えますよ?の最終確認が出ないのは怖いけども
まぁ、レガシーな設定方法に慣れてる人ならそこまで困ったりはしなさそう
PCIe接続の後付けの場合は、レガシー設定もUEFI設定もどっちもいけるらしい
ONボードの場合はちょっとびっくりするかもね

う~ん、おまえのせいで失敗してデータ消えたとか言われても困るしなぁ
なんかまずそうならこの記事はパスかけ記事にします

RAIDとかさDNS設定とかって1回やったら壊れたり
大きな組織変更とかないかぎり触らないからなぁ
いざ、操作が必要な時に完全に記憶がなくなってるのよねぇ
歳は取りたくないもんだ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

IMG_0918
最初に断っておくけど、以下はうさんくさい与太話である
質問されたり、参考にされたりしても知らん

ここでは投げやりなクソ記事を投稿しようと思います




BIOSからUEFIになって結構過ぎてますが、そろそろトラブルも枯れてきたかと思いきや
なかなか各社の対応が追い付いていない気がします

PC買い替え、マザーボード交換、大量PCのセッティングなどでイメージやクローンから
新しいHDDに流し込みすると正常動作しない、OSが起動しないという話が良くあり

ありがちなのは
そもそもBIOS/MBRのデータをUEFI/GPTに流して失敗とか
ブート順序設定の切り替えを間違ってるとかなんですけども

元々のイメージ作成の段階で対応してなかったり
同型同構成のマシンからのイメージなのに使えなかったり良くわかりません
私はこの辺詳しくないので、わからないままのトライアンドエラーネタという事でヨロシコ

元データのフォーマットがわからない場合はディスクの管理で見れる
32BITは対応してないとかMBRとGPT、UEFIってなんだ?って話はぶんなげ

クローン元のデータのフォーマットはなんなのか
何BITのOSなのか
マザーはBIOSか、UEFIか
ブートはレガシーかUEFIか
コピー先のPCの仕様はどうなってるか
この辺みんな環境が違うのでググっていろいろ説明が書いてあるんだけども
自分の環境と違う場合は当てはまらないので注意だ

しかも正しい手順でも失敗したりする
イメージ流し込んでOS起動までは行くがスタートアップ修復や、ブルースクリーンが出る場合は
概ね下記の対応が必要か、イメージ作成ソフトの起動メディアが必要になる

特にクローン起動で出やすいのがコレ
ブルースクリーンxc0000225の解決策
http://pc.thejuraku.com/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%890xc0000225%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E7%AD%96%EF%BC%88windows-788-110%EF%BC%89


まず、元イメージ作成ソフト

Paragon Partition Manager
NortonGhost
Symantec System Recovery 
Acronis True Image
EaseUS Todo Backup
Marium reflect free
AOMEI Backupper Standard 
この辺が定番所だろうか
Paragon Partition Manager以外はどれも一応対応なのかな?
Paragon Partition Managerが対応してたらゴメンね
今の段階で使えたという情報がなかったのよ


 Paragon Partition Manager 
http://www.justsystems.com/jp/products/prg_partition/feature1.html
2TB以上のハードディスクに対応(GPTディスク対応)
※EFI/UEFI環境には対応していません。

元々パテーション管理ソフトでバックアップはオマケ機能なのでやむを得ないだろう
UEFI環境でのOSドライブのデータ移行には使用しない方がまだ良さそうだ 

GPT対応=EFI環境対応でないというのがポイント
GPT対応します、UEFIでのブートOKと勘違いして失敗事例が結構ある
GPT対応だからといってEFIに対応しているとは限らないようだ
データドライブとしてGPTフォーマットの認識とUEFIブートの対応は違う
GPT対応は必ずしもUEFIブート対応ではない

 NortonGhost
http://www.symantec.com/content/ja/jp/micro_partner/GSS25_win8_tech_201305.pdf
http://www.symantec.com/content/ja/jp/micro_partner/GSS2_5_tech_howto_WinPE40_bootpack_201307.pdf 

一応UEFIブートまで対応、ビジネス用途のイメージ大量コピーも対応
ただしデータ流し込んでポン付じゃなくて
WINPEベースのゴースト起動ディスクを使ってくれって事みたいだ
MBR時代の考えでクローンHDD、イメージ流し込んでポン付での失敗事例も良く聞く

使用したイメージ作成ソフトの仕様をよく確認し、指示された手順を取らないと
OSブートが失敗したり、起動後トラブルが発生するようだ
なまじ慣れで作業してしまう人ほど陥りやすいのかもしれない

私の身の回りで上手くいってる率が一番高いのが最新版のゴースト使ってる人な気がする
ググれば事例もある
PXEブートしたGhostを使ってWin8.1を大量展開する(前編)
http://dolls.orz.hm/?p=9962

ただし体験版、評価版、違法コピー版だと失敗するってじっちゃんが言ってた
金払えって事だな

ゴーストは対応しているがSymantec System Recoveryは失敗率高いらしい
なんかいろいろすればイケるかもしれない程度
https://www.veritas.com/support/ja_JP/article.TECH203168
英語記事で無理ですと記載があったらしいがそのページは削除されてしまった

Acronis True Image
これも良く聞くソフトだなぁ
最新版のAcronis True Image 2016ならだいたい対応してる
旧バージョンで一応UEFI対応を歌っている物は出来たという話や出来なかったという話がある
USBでの起動メディアが必要だったり、そもそものBOOT設定が間違ってたりしたら
もちろんダメですが、仕様や環境を確認の上、わかった人が使うなら大丈夫っぽいです
上手くいかない人は大体古いバージョンを使ってる
おぃ、これUEFI対応って書いてあんぞ、こらっとかキレてる
マザーもどんどん新しくなってるし、しょうがないね、発売時期なら対応してたみたいな話はよくあるよくある
諦めて最新版を買うのがいいんじゃないかな

メーカー曰く、下記以上は対応との事
https://kb.acronis.com/node/14816
Acronis vmProtect 8/9 - Windows エージェントを EFI ベースのシステムにインストールしてバックアップを実行することができます。
Acronis Backup 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)
Acronis Backup & Recovery 11
Acronis True Image 2016, Acronis True Image Cloud (2016 リリース)
Acronis True Image 2015
Acronis True Image 2014
True Image 2013 by Acronis
Acronis True Image Home 2012
Acronis Small Office: Server Cloud Backup
Acronis Snap Deploy 5
Acronis Snap Deploy 4
Acronis Disk Director 12 Home


EaseUS Todo Backup

こちらも定番のフリーソフト
最新版ならUEFI対応、ただし出来る事、選択すべきことが多いので
分かってる人が使う分には良いが、わかってない人が使うと選択を誤って上手くいかない事が多い
ボリューム選択がちょっとわかりにくい気がする
日本語対応でつい選んでしまうが、じっくり説明や事例を読んで使用
上手くいかないなら別のソフトで試してみるのも、長考するより良いかもしれない

Marium reflect free
あまり情報がなかった
EaseUS Todo Backupと大差はないらしいけど
動作が速いそうな
日本語のドキュメントが少なかったです

AOMEI Backupper
フリーソフト
個人ユースのフリーソフトではこれが一番優秀な気がする
OS上でリカバリ可能
サーバ対応
リカバリ用CDからUSB接続のHDDを認識してくれる
GUIが英語だけどそんな難しい英語じゃないし、日本語版もある
他のフリーソフトで上手くいかなかった人がこれならできたという話も良く聞く
機能的には有料製品と大差がないのが逆に怖い、なんか埋め込まれてないか心配になるな

有料ソフトはそれなりに対応してるみたいです(ただし要最新版)
フリーソフトは相性もあるらしく、上手くいかなかったら別のを試すくらいの感覚が良いみたいです


Cc1yblCUYAEkfQ7
クローンソフトだけじゃなく、BIOSの設定も大事ね!
この辺わからない人は手を出しちゃダメかもしれない
素直に一からリカバリましょう、1台づつね


クローン作って大量コピー大会する時の注意点
おまじない的な物も含めてね
これで上手くいったって話だと

まず最低限、BIOS、UEFI、MBR,GPTの理解ね
んで、BIOS設定を正しく変更、修正できる事ね、私、初心者なんですけどぉ~って人は
そんな作業やらんと思うけどね、情シス潰した中小企業とか、社員が自前で作業してるけど素人デス!
みたいな笑えない話も多いなぁ

起動時エラーが出たらスタートアップ修復
UEFIBOOTでWindowsbootmanagerから起動
なんかセキュリティソフトが邪魔する事もあるらしい元データ作る時に機能をOFF状態でつくりなおしたら起動したとか噂で聞いた

あとは~BIOSのセキュアブート設定、暗号化、ビットロッカー TPM関係の奴ね
この辺も元データ作る時もオフ、新しいPCに移すときもオフにしたら成功した話も聞いた
特にビジネス用途のはHDD盗難防止の為、同環境じゃないと起動せんかったりする
同型機械でもあっても内部パーツは違う事多いからね、HDDやメモリなんか同規格を数社に作らせてる
アッシーが同じでも物理パーツがまったく同じとは限らない!ってのは車やバイクいじる人ならわかるよね
同型機クローンだけど、別ハード接続認識する事なんかは良くある話です

コピーソフトは最新番使う!
UEFIBIOSのバージョンを最新にする!
結構コレ大事ね!

メーカー製のPCなら付属のリカバリメディアでインストールして正常起動するか試す事
まちがっても素人がフリーソフトで作ったイメージでブートできんからって、メーカーにキレてはいけないし
相手にもしてもらえない
純正リカバリで正常動作するなら、おまえのつくったイメージが悪いんじゃろって一蹴される
ソフトメーカーに訪ねても、PC側のBIOS設定や環境がわからないとどうしようもね~と言われたりする

特にUEFI環境でSSDをブートデバイスにして、イメージ流し込むと意味不明エラーが出る
UEFI関連のプログラムはまだまだ枯れてないのでドライバ類も含めてミステリーがいっぱいである
正直、センシティブな環境で使うPCであればレガシーBIOSでMBRでのWIN7機の運用のが無難だと思う

現時点での話をしても、ソフトもUEFIも勝手にバージョンアップして変わってたりするので
ソフトウェアっ話は始末に悪いな
クローンでも最近のソフトウェアはライセンスの再認証を求めて来るから
導入ソフトのライセンス管理も注意な~

コピーしてポン付でALLOKな時代が懐かしいわ

そもそも楽をしようと言う話でしょ、クローンなんて、なら自己責任で
上手くいかない時は色々試してみれ~としか言えないのである

その内、安定すんじゃね~かな

私は未だに旧BIOS環境下だし別にスペック的に困ってはいないので当分そのままでいいや
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ