からくり箱 保守記録


ほとんど嘘が書いてあります。
質問されても答える事はできません
業務機ワールドの話なのでコンシューマパソコンの事はわかりません
アレな記事はパスかけてます(アレです)

カテゴリ: バグ・障害

CJ01


同僚に捧ぐ、的外れかもしれんし、参考になるかもしれん
いや、知らんけど(関西風)


ISRT
Intel SRT ( Smart Response Technology )

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing K1 metadata please do not Interrupt processed.
Reading packed metadata into memory darn creating the segment index par 100%

CJ02

こういう奴な

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing cache metadata
Please do not interrupt this process
Reading packed metadata into memory DONE
Creating the segment/index pairs    100%

こんなんとか

ただしいシャットダウンしてないから
データ不整合出た

停電とか、フリーズ後の強制終了、OSのアップデート失敗とかで発生する
人は私何もしてないのに壊れた!って言う

IRST設定のISRT(ややこしいなぁ)、いわゆるIntelの高速化キャッシュ積んでるPCで起きやすい
キャッシュモジュールとHDDのペアリングエラー
2012~2015頃発売のPCで流行ったISRT
SSDが高価でまだ容量も少なかったので、SSDをHDDのキャッシュモジュールとして利用する方式

その後SSD価格が下がり、大容量SSDにOS丸ごと入れるようになったので
最近では見かけない、ちょっと前のPCで見かける

高速モードの人は、データさようなら~リカバリやね
拡張モードの人は、RAIDBIOSに入ってISRTのキャッシュ設定解除してHDDだけで起動しなおす
修復用のブートメディアがある人はそれでブートするか試してみるといい
拡張モードならHDD側のデータは失われてないから、復旧、データサルベージ出来る可能性は高い
USBブート系のLINUXなどでブートしてHDDの中身覗いたりとかできると思うで

その辺の事は昔書いた気がする、ISRT 設定とか
でも、OS起動しないからRAID BIOS上で解除が必要やな
説明めんどくさいから、知らんわ
暇が出来たら書く

ワタシ、IRSTもISRTもないよーキャッシュモジュール入れてないよ~でもコレでたよー

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing Cache Metadata
Please do not interrupt process.

って人は、WIN10の高速スタートアップのデータ破損とかで起きる
メーカーによってマザーのBIOS設定の高速スタートアップ設定とかでも起きる
ブートメディア使ったり、セーフモードとかで起動するし
エラー後に強制再起動してればその内PC立ち上がるからOS起動したら高速スタートアップを切る
問題起きてない人も高速スタートアップは切っておけ
電力消費の高いグラボやCPUの人は省エネモードとかもOFFとか
NVIDEAのグラボ積んでエコとかワロス!
みみっちい事するな
起動時、スリープ後、パワー不足で落ちるし、グラボ壊れる方が出費デカいぞ
話それたなぁ

閑話休題 ←いっぺん言って見たかった!

The operating system did not shutdown cleanly.
Reconstructing cache metadataあたりのメッセージが出て来る系は物理故障じゃない場合も多い
もちろん、SSDキャッシュやHDD、Intelチップが破損とかの場合もあるけどもな!
落ち着いてBIOSの認識情報とかレイドバイオスのじょーきょーとか
診断プログラムとか試して置こう
WIN10のブートメディアがネットでダウンロードできてUSBブートできるから
様々な障害切り分けや、レスキューメディアに便利
USBブートOSが正常稼働するなら、問題はストレージ回りやって事やからな

落ち着いて、早くする系の設定を解除
診断プログラム実行、ハードに問題なさそうやったら
悩んで時間消費するくらいならリカバリーしたほうが早いで
高速化系処理は、強制終了、ただしいシャットダウンプロセスに失敗した時に弱い
速さとはリスクと引き換えやわな
最近流行のSSDキャッシュ付HDDみたいな合体魔人ではどうなんやろね
あれはBIOSから見たら1個のHDD扱いやから起きないのかな?
また話それそうやなぁ

今日はこのへんで


私はシャッダウンプロセス障害のcleanlyエラーと呼んでる
cleanly
cleanly
くりんりー

J03

PC起動しなくて怒れる戦士が目覚めちゃう








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

aaaaaaaaa

こんなんがチラッと出て真っ黒になったりする
ずっと出てる場合もある
22222222222

なぜか1か所だけ明るい四角がある

33333333

たぶん、マウスカーソル部分が明るい四角の正体だと思う






ここには嘘が書いてあります
与太話です
間違ってもここにこう書いてあるからとどっかの商売人にクレームを入れるのはやめてください





OKですか?


苦情は受け付けてないです






PCの画像出力、NVIDIAやAMTのグラフィックカードを使用している人は関係のない話ですが
Intelのビデオ出力 CPUで描画している環境
i3とかi5とかのiシリーズで映像を出しているPC

コンシューマPCやビジネスPCなんかは殆どコレに該当すると思います
メーカーを問いません、Intelチップ搭載機なら発生する可能性があるのかもしれない

後、ほとんどのノートPC、スリープを良く使うのはノートだもんね
ちょっと移動、蓋を閉じるとスリープに設定してる人
移動先で蓋を開いてもなんにも映らないやんけ!ってなる
白い縦線画面は蓋開いた一瞬なので、なにも映らんみたいになる

Windowsアップデートの後からにスリープ復旧後、白い縦線画面が表示されて画面復旧しない現象が発生するかもしれません
しないかもしれないし、夕焼けは朝焼けかもしれません

Windows7以降のOSで発生したりしなかったり
Windowsアップデートに発生
WIN10だとFall Creators Update後
10の人は裏で勝手にドライバアップデートするので気が付かないかも

俺ゲーマーだからNVIDIAなんで関係ないもんねって人も
マザーボードのおせっかいエコ機能で描画負荷が低い時はIntel出力になったりする
素敵機能マザーボードをお使いの方も対象になったりならなかったり


◆対策 その1
最新以外の、つまり古い、一個前の
インテル(R)グラフィックスドライバーにする(といいかもしれない)

PCメーカーのドライバダウンロードサイトにあるドライバは大体最新1個前のドライバが置いてあります、自社PCで動作確認も取ってるので一番安心、固いドライバーです
PCメーカーのサイトにアクセスして、メーカー公式のドライバを入れましょう

古いバージョンなので入れられない人は一度
スタートボタン右クリック→「アプリと機能」クリック→「プログラムと機能」クリック→「インテル(R)グラフィックスドライバー」右クリック→アンインストール
で最新ドライバを削除してから入れましょう

でも、勝手にアップデートがかかってまた最新にされて再発するんだけどね
更新切っとけばええんちゃうかな


◆対策 その2
スリープモードにしない
コンパネの電源と管理でスリープモード なしにしましょう
これでも出る人は
あわせて高速スタートアップもきっておく


デバイスマネージャーからドライバプロパティを開いて
ドライバを元に戻すボタンがまだ押せる人はそれでロールバックできる
44444

復元ポイントへのバックでもありかもしれない

メーカーによってはBIOSアップデートすると改善みたいな事もあるらしい


たぶん、そのうちに知らん顔して修正パッチが出て勝手にインストールされる
いつのまにか最新にすれば治るとか、Windowsアップデート手動で最新にしたら改善するとかになるかもしれん
あれ~最近調子悪いなぁ~
いつのまにか治った
っていうのは大体コレである

みんなに出る訳ではない、出る人は出る

誰が悪いねんって、別に誰も悪くない気がする、Intelは少し悪いかもしれない
PCとはそういう世界の商品である

アップデート後に変になったら、前の状態に戻して様子見です
そんなん良くある話ですわ




という夢を見ました

これが私の初夢です!
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします

おわり








スマホの白い縦線は別要因、あきらめて修理だせな



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ